りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2014観戦記-21】vs.ライオンズ交流戦4回戦@西武D【8勝8敗】

<<   作成日時 : 2014/06/15 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今年の交流戦、ビジター最終戦にして、生観戦ラストゲームとなりました。最後は有終の美といきたいところ。ライオンズ戦全敗も何としても阻止したい一戦でした。
今日はサッカーW杯初戦ということで、とりあえず朝から中継の方を見ていたのですが、とりあえず1-0でリードしている時点で、西武ドームへ出発。まぁ、サッカーよりタイガース大事ってことで。途中、気にしてネットでチェックはしていたのですが、負けちゃったみたいですね。でも1つ負けたくらいでガタガタ言うなってことで、次戦に期待しましょう。たぶん、見れないけど・・・。

画像


サッカーの仇はタイガースで取る!ってのは、たぶんライオンズファンも同じように思うところでしょうけど、うちら的には、負けると勝率も遂に5割になってしまうわけですし、負けるわけにはいきません。

球場に到着して、今日もファンクラブ応援デーの引き換え。とりあえず、今日でスタンプ3つということで、コルクボードをゲット。今年はちょっとスタンプのフルコンプリートが厳しそうなので、スタンプ集めの楽しみはここまでかなぁ。今年はビジターの応援デーの設定が少なくないですか?

で、今日もらったピンバッチなんですが・・・ガラコロも含めて、初のダブリ。それも和田監督って・・・・。よりにもよってだなぁ。ただ、ジンクス的なことを言えば、ここでもらった人が活躍=和田監督ということは勝利のフラグ。ということで前向きに捉えました。

画像


今日の先発はメッセ。というわけで、ビジター初勝利を目指せってことになるわけですけど、正直なところ、最近は甲子園でも勝ててないわけで、ビジター戦ということよりも、まずはしっかりと西武ドームのマウンドに適合してくれるかどうかが問題。
初回、金子にヒット、盗塁とランナーを得点圏に背負うものの、その他3人をしっかりと三振で討ち取るというなかなかの立ち上がり。ただ、昨日の能見に通じるんですけど、三振は取っても勝ちに結びつかないとなぁ。

そんな心配が具現化してしまったのが、先制した直後の3回裏。ここをすんなりと、やり過ごせることができれば、そのままスイスイといけるかなぁと思っていただけに、ここのモタツキは、やっぱりメッセ@ビジターはあかんのかなぁと思わせられてしまいました。

先頭の永江にヒットを打たれるものの、野上は3球でスリーバント失敗で退ける。流れはいい形だったんですが、上位打線に回って、秋山、金子と連打で満塁。ここで栗山に押し出し四球って、最悪のパターンでした。
ただ、ここでクリーンアップの中村、メヒアと連続三振で切り抜けることができたのは、さすがメッセという感じでした。ここで、さらに一本出ていれば、試合は一方的に崩れたかもしれません。

このあとは、タイガース側に大きな援護点があったこともあって、メッセにとってはいい形で、ビジター初勝利を飾ることになりました。もう、ビジターでは勝てないとは言わせませんよ!

画像


攻撃陣の方も、今日は理想的でした。とにかく、試合前には、今日勝つためには、「ベンチに采配をさせない」ことが最大に命題と思ってましたから。とにかく、和田監督が小細工&バッター任せにしないためにも、ガンガン打ってリードを広げて欲しかった。結果的に、「バッター任せ」の試合ではありましたが、いい形で点が重なっていきました。

まず、先制は3回。
正直、今日のオーダーを見たときに、「7番が藤井かぁ〜」と、若干悲観的になってました。緒方との現状の力関係を考えると、仕方ないのですが、今日は結果的に、このオーダーがハマッた。
まずは先頭の藤井さんがフルカウントから、きっちりと打ち返して二塁打で出塁。ただ、ここは得意のバッター打つだけ作戦で、緒方とメッセが倒れて、またもやランナー釘付け攻撃という、いかんともし難い状況でした。
それでも、ここは上本が救ってくれた。センター前にポトリと落とす先制タイムリー。ランナーが3塁まで進んでも、あっさりと無得点で終りかねないタイガースにとって、この1点は非常に大きな勇気を与えてくれました。

画像


同点で迎えた5回の攻撃も下位打線が起点。というか、下位打線で決めてくれました。
先頭のマートンの二塁打から、今成が初球をあっさりと打ち上げたときは、またか・・・と思ってしまいましたが、藤井さんがしっかりと四球を選んで、ランナーが貯まったところで、緒方がまさかまさかのセンターバックスクリーンへのホームラン!
これは本当に意外性の一発でした。よくよく考えれば、またもやベンチワークとしては、バッターに打たせるだけかよ・・・と文句の一つも言いたくなるような攻撃でしたけど、それを全てチャラにしてくれる緒方のホームランでした。さらにスリーランということで、試合展開にも余裕ができて、かつ、ベンチワークのつけ入る隙を与えないナイス得点になってくれました。ホームランじゃなければ、また変に縺れた試合になって落としていた可能性も否定しきれません。

画像


今日はこの緒方のホームランのあとも、攻撃の手が緩まなかったのも良かった。緒方が打ったあとに、再度、メッセのヒットからチャンスを作り、さらに上位が繋いだ二死満塁。ここで点が入らないと、またメッセが塁に残ったあとが心配だなぁと思っていたのですが、ゴメスの打席でバッテリーミスのワイルドピッチが出てくれました。ここでは、メッセがホームインする以上に、二塁ランナーの大和が一気にホームに返ってきたという走塁面も良かったなぁ。こういう隙の無い攻撃をどんどんやっていって欲しいよね。大和の走塁は、メッセを追い越そうかというくらい素晴らしい走塁でしたけど、やっぱり高代コーチの存在は大きいよね。

7回の超ダメ押しの追加点も、ゴメスのレフト線の当たりで、鳥谷が一塁から一気にホームに返ってきた得点。スタンドから俯瞰して見ていれば、走れ走れ!って感じでしたが、グラウンドレベルで、あの際どい当たりを突っ込ませる辺りは、さすがだと思います。こういう走塁で得点を重ねると、やっぱり気持ちいいな。

とにもかくにも、ライオンズ戦全敗を阻止。そして、個人的には、またもや観戦成績を5分に戻すことができました。気持ちよい梅雨の晴れ間の西武ドームで、気持ちよく勝利の六甲おろしを歌わせていただきました。
まだまだ、前途は多難だとは思うのですが、とりあえず今年の交流戦のロードゲームは終了。あとは甲子園で最後の仕上げといきたいものです。残り2カード、しっかりと応援して、リーグ戦再開に向けてのきっかけを作っていってもらいたいですね。

<今日の試合の観戦記録>
2014. 6.15 埼玉西武ライオンズvs.阪神タイガース交流戦4回戦
西武ドーム 14:01〜17:16 天候:晴れ
主審 山本、塁審(1)柳田 (2)秋村 (3)名幸
観衆 33,901人 内野指定席B 1塁側B43通路7段103番で観戦
(通算33勝31敗 vs.ライオンズ1勝3敗)

画像


ライオンズ 1-8 タイガース○

[バッテリー]
(Lions)●野上(4 1/3)(3勝6敗)豊田(2/3)中郷(2)武隅(2)-星、岡田
(Tigers)○メッセンジャー(8)(5勝6敗)安藤(1)-藤井
[本塁打]
(Tigers)緒方2号(3)
*******2014公式戦観戦成績 8勝8敗*******

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
6/15 サッカー日本代表はコートジボワールに逆転負けも、阪神8−1西武などセ・リーグ全勝
ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。本田△\(^o^)/ at&amp;nbsp;06/15 10:16で先制したのは良かったのですが… 6月15日(日)10時(日本時間)〜 グループC:コートジボワール対日本(アレナ ペルナンブーコ) コートジボワール 2−1 日本 【得点】 前半:0… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2014/06/16 07:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2014観戦記-21】vs.ライオンズ交流戦4回戦@西武D【8勝8敗】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる