りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS マエケン相手に今週も勝利!

<<   作成日時 : 2014/08/08 21:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

夏ロードの2カード目は関西に戻って京セラドームでのカープ戦。カープにはズムスタでのリベンジをしっかりと果たしてもらいたい、そんな三連戦です。今日はNHK BS1でのテレビ観戦で、梨田さんの解説。
0-1のビハインドで2回裏一死1,3塁とマエケンを攻めていた場面で、鶴岡がショートゴロ併殺で終ってしまったところからでした。どうも、マエケンも調子はイマイチとのことでしたが、この場面はさすがやなぁと言った感じだったんでしょうか。

先制された場面、先頭の天谷に四球を出したあと、菊池にエンドランを決められたところからの失点だったようですね。ノムケン監督も、和田監督と似た野球観を持っているのですが、去年の後半くらいから、たまにこういう作戦を取ってきますよね。でも、やっぱり、簡単に送りバントをするよりも、こういう形でいくことで点に繋がっていくんですよ。たぶん、和田監督の頭には、送りバントしかなかったんじゃないかなと思うんだけど。

藤浪は、3回にさらに失点を重ねてしまったんだけど、マエケン、天谷のヒットは詰まった当たりで不運。天谷の打球は、隼太、捕れなかったかな。最初から諦めって感じで残念。
さらには送りバントを決められたあとの丸の打球も、上本には止めて欲しかったなぁ。強い打球で、梨田さんもエラーは厳しいかなとは言っていましたけど、やっぱりエラーですよね。マエケンの調子が悪いにしても、点差が開けば、それなりのピッチングをするのもマエケンですから、ちょっと厳しい失点になってしまいました。

このあとも、エルドレッドの三振のときに丸に走られた場面で、鶴岡の送球が逸れて三塁まで走られるという、ちょっとバックに足を引っ張られる形で心配しましたが、何とかこのイニングは抑え切って、2回終了時点で3点ビハインド。こうなれば、できる限り早いイニングに点差を詰めていくしかないという流れになりました。
3回裏にマエケンのピッチングを改めて見たのですが、確かにどこか悪いのかなというような内容でしたね。ストライクボールもはっきりしているし、スピード、キレもイマイチ。こうなると、調子を取り戻す前に攻略していきたい。
3回裏には上本、鳥谷が歩いて二死1,2塁という場面でのゴメス。打った瞬間は強い当たりだったけど、ショートに捕られたかと思いましたが、京セラのグラウンドの打球、恐い!横っ飛びで捕ろうとしたショートの田中の顔面直撃でファールゾーンに打球が転々とする間に鳥谷まで返って1点差。田中は顔面流血で、交代ということになってしまいましたが・・・大丈夫でしょうか。
さらに続くマートンの打球も高速打球になって、代わったショートの木村の横を抜ける同点打。こうやってみると、上本のエラーの打球も京セラならではだったのかなぁ。

そのあとは、藤浪もマエケンも落ち着いた感じでしたけど、こういうときはホームランが恐い。特に京セラということで、守っているときこそドキドキものでした。でも、その一発が出たのが、タイガースだった!福留、らしいスイングでライトスタンドに放り込んでくれました。
その後も、「新マエケンキラー」と変貌した隼太の猛打賞となるヒット、鶴岡も完璧なセンター返し。明らかにマエケンはいつものマエケンではなかったですね。

このイニングは藤浪がまたしっかりとランナーを送りながら、上本が抑えられて1点止まりでしたけど、ここで大きくゲームは動いてきました。それもタイガースへ大きな流れが・・・!
7回表に、これまた詰まったヒットを石原に打たれてしまいましたが、マエケンがバスターが藤浪へのゴロになって、がっつりダブルプレー。藤浪も100球を越えたところで、苦しい場面だったと思うのですが、これは本当に助かりました。
その裏には、今成四球、鳥谷ヒットから、ゴメスが全く合っていなかった外角のスライダーに何とかバットに当てて三遊間を破った打球をエルドレッドが後ろに逸らして、ラッキーな2点が入って、ここでマエケンをKO。マエケンの調子や、ラッキーもありましたけど、大きな追加点になりました。
マートンが繋いだあとに、福留の内野ゴロの間に更に1点が入って一気に点差を広げることができました。

藤浪は8回のマウンドに未練があったようなベンチ前の様子がテレビに映っていましたけど、福原にスイッチ。藤浪が乗ってきていただけに、100球越えていたとは言え、どうなんやろという場面ですね。
で、心配通り、今日の福原はボール球も多いし、ちょっとボールが高め。丸とエルドレッドは打ち損じてくれましたけど、キラにはバックスクリーンにツーランを放り込まれてしまいます。う〜ん、すんなり行きませんね。まぁ、点差があるから大丈夫じゃないかなと思ってはいましたが・・・。
梵にも四球を出して代打の堂林にヒットで繋がれて、ここで呉昇桓を投入。ベンチの慌て具合を示しているような継投になってしまいました。かなり余裕がある展開で、ここまでアタフタしてしまうところが和田監督らしいと言えば、らしいな。
この場面、呉昇桓のストレートに全く合っていなかった會澤への最後のスライダー。当てられて、ピッチャー横を抜けたときはヒヤッとしましたが、ランナーと交錯しかけながらも何とか上本が捌いてくれました。本当に楽に勝っちゃいけないとでも思って、野球やってるんじゃなかろうか。

追加点が取れないまま2点差で迎えたイニング跨ぎの呉昇桓。とにかく、ランナーさえ出さなければ・・・という展開で、ツーアウトをしっかり取って、あと一人。呉昇桓は、ここからがちょっと心配なんだよなぁということで、菊池の打球がセンター前に抜けるか!?という打球を、鳥谷がファインプレーで締めてくれました。やれやれです。

オールスター明け、カープのローテがマエケンに確実に当たる形になるとわかって、ここは優勝するためには正念場になりそうだなと思っていたのですが、これで2戦していずれも試合は勝つことができたというのは、大きいですね。まぁ、前回のズムスタは、これで勝ち越せるかなと思ったら、まさかの連敗を食らったので、ここはホッとせずに行って欲しい。
というわけで、前回のズムスタ三連戦と同じパターンで、明日から生応援です!今度は絶対にリベンジや!!

<今日の試合結果>
タイガース 7-5 カープ(14回戦@京セラD)
(通算52勝45敗1分 vs.カープ8勝6敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:33 [観衆] 32,156人
[バッテリー]
(Carp)●前田(6 0/3)(9勝5敗)中田(1)小野(1)-石原、會澤
(Tigers)○藤浪(7)(8勝4敗)福原(2/3)S呉昇桓(1 1/3)(1勝2敗26S)-鶴岡
[本塁打]
(Carp)キラ11号(2)
(Tigers)福留4号(1)

藤浪もよく踏ん張ってくれました!見事な8勝目!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【阪神】広島に先勝!
(京セラドーム大阪) 広 島102 000 020=5 阪 神003 001 30X=7 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/08/08 23:10
必死のパッチで2位守る
 上本のエラーがあったりで3点先に取られた時にゃ、今日もアカンかと思うたで。しかし、今日のマエケンの調子は悪かったようで……。いや、脅威の虎打線にさすがのマエケンも持ち堪えられんかったんやな。ヽ(^。^)丿(対広島 14回戦 京セラD 7対5で逆転勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2014/08/09 02:30
8/8 阪神7−5広島(京セラドーム大阪)〜藤浪がマエケンに投げ勝ったというか、PLの先輩が後輩を絞...
本題に入る前に昨日7月度の日本生命月間MVP賞がセ、パ両リーグから発表。 【2014年7月度 日本生命月間MVP】 <セ・リーグ> 【投手】:岩田 稔(阪神)初受賞 【打者】:和田一浩(中日)2度目(他にパで1度) <パ・リーグ> 【投手】:五十嵐亮太(福岡ソフ… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2014/08/09 11:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マエケン相手に今週も勝利! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる