りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 開幕4連勝ならず・・・・今季初黒星【●3-4】

<<   作成日時 : 2015/03/31 21:51   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

今シーズンの2カード目は、神宮に移動してのスワローズ戦です。今日は、フジテレビONEでのテレビ観戦で、解説は江本さんでした。初回のタイガースの攻撃、鳥谷がヒットで出塁したあとの上本の打席から。

「初回速攻!」
今日の上本は初球バントの構えをしてきました。開幕カードを見ていて、鳥谷が初回出塁してから、上本が三振でランナーを進めることすらできないという状況もあって、今日に関しては、これも有りかなと思いました。一昨日の試合、中盤ながらも上本の送りバントから大量得点に繋がったこともありますし、必ずしも送りバントが悪いんではなく、「何がなんでも送りバント」がダメなだけですからね。ただ、成瀬の調子がイマイチな感じがベンチからも感じられたんでしょうか。2球目からはヒッティングの構え。こういう臨機応変さも、去年までの和田采配にはなかったところ。
結局、2-1のカウントから鳥谷が走って、上本は空振り援護。というか、これはエンドランだったのかな?ただ、変幻自在の作戦、今年は違いますね。で、上本もライトヒッティングでチャンス拡大です。さらには、上本も盗塁を決めて、成瀬を追い込んでいきました。初登板で緊張もあるであろう成瀬にプレッシャーかける、いい攻撃でした。
で、このチャンスに、西岡がきっちりと風に乗せての先制スリーランホームラン!お見事な速攻でした。

「拙攻合戦」
ただ、そのあとがねぇ。タイガースにしてみれば、一気に成瀬を攻略できそうなところを、攻略しきれなかったという展開になってしまいました。
ポイントは2回の攻撃。先頭の梅野がヒットで出塁して、続く大和。強攻はいいんですよ。成瀬も立ち上がり、苦しい内容でしたから。ただね、フルカウントからでしたが、打ち上げちゃあなぁ。この辺り、去年の2番の打順で、ひたすらバントしかさせてこなかった弊害じゃなかろうか。大和くらいの立ち位置のバッターなら、何とかランナーを進めるバッティングとかもしていかないと思うし、できると思うんですが、調子云々以前に、そういう意識が全く見られなかったのが、残念。ここで何とか繋いでいれば、このあとの能見さんも楽にバントができたと思うんですが、打ち上げてしまいバント失敗でした。こういうところから、流れを手放すことは、多々あるだけに、ここの大和の打席はちょっとイヤな感じでした。まさに、その直後に雄平に被弾・・・・。一気にワンサイドにできそうな展開が、一転、縺れそうな流れになってきました。

ただ、こういう展開ながら、能見さんが踏ん張ったというか、スワローズも拙攻してくれたというか・・・。
3回一死からの山田、川端の連打でつながれた一死1,2塁で田中浩をセカンド併殺打。4回は先頭の雄平に痛烈な二塁打を打たれましたが、恐い畠山、飯原を完全に打ち損じの内野ゴロに封じ、最後は大引を強い打球ながらマートンへの正面の飛球で無失点。
お互いにランナーを出しながら、なかなかホームが遠いという展開になって、こうなると、お約束ですが、次の1点がどちらに入るか・・・という流れですね。

「能見さん、踏ん張りきれず・・・」
5回表にランナーを二人出しながら、マートンが倒れてしまった直後の守り。
ここも一死後に山田に二塁打を打たれてしまって、またまたピンチ。何とか川端を抑えて二死まで粘ったものの、田中浩に与えた四球が痛かったですね。続く雄平の当たりは決して良くはなかったんですが、詰まった当たりでちょうど西岡の頭上を越えるタイムリー二塁打になってしまって、遂に耐えていた「1点」を取られてしまいました。雄平には、ここまでタイミングが完全にあっていただけに、嫌な感じでボール先行したところを勝負にいってやられたという打席でした。雄平に完全に振り切られていたのが、この打球になってしまいましたね。
ここで、もうちょっと踏ん張れればよかったけど、畠山の初球を簡単に投げてしまった感があります。大和の頭上を越える逆転打・・・遂に能見さん、力尽きてしまった。

「後半も拙攻合戦・・・」
1点を追う7回は鳥谷からの打順ということで、ここは大きなポイントになるなというイニング。まさにその通り、先頭の鳥谷は追い込まれながらフルカウントまで粘って、最後はセンター前ヒットで出塁しました。で、ここは上本がきっちりと送って、クリーンアップに託します。
西岡がストレートの四球で歩いて、スワローズは秋吉にスイッチというところで、ゴメス。まぁ、紙一重なんですよねぇ。一塁が埋まったことで、こういう形になることも可能性とは十分にあったわけで、ここは三塁正面のゴロでダブルプレー・・・得点ならず。流れが引き戻せませんでした。

ただ、流れを引き渡すこともせずに、何とか踏ん張っていたのも事実。その裏、榎田が先頭を四球で出したところは、何してるんやぁといったところでしたが、三塁までランナーを進めながらも、空いている塁を有効に使って得点を許しませんでした。

結局、こうなると我慢比べ。バカ試合になれば、お互い簡単に点が入っていくんでしょうが、ランナーは出るものの、ホームが遠い。8回先頭のマートンが四球を選ぶものの、福留が裏をかかれて三振。こうなっちゃうと下位打線の弱さが仇になってしまうんですが、それでも二死から大和が四球で出て、セッキー代打まで手は打てるところまできました。セッキー次第の場面でしたが、フルカウントから空振り三振。ここはスワローズの秋吉にギリギリのところで粘られてしまいました。
ただ、9番まで回ったことで、最終回は鳥谷からという形になって、それこそ最後に一番いい打順で攻撃ができる形にはなってくれました。
流れ的には、8回ウラを桑原が三者凡退に抑えてくれて、さぁ最後の攻撃。

「最後の反撃は・・・」
先頭の鳥谷は追い込まれながら、ファールで粘りましたが、最後はショート正面のゴロ・・・ただ、大引が捕球して投げるまでのリズムが変な感じだったので、暴投せんかなぁと思ったら、本当にやってくれました。これはラッキーな出塁だし、ここをきっちり生かすことができれば、本当に勢いに乗ってシーズン序盤を走っていけるんですが・・・。

上本がきっちり送って、まずは得点圏にランナーを置いての、再びのクリーンアップ。
西岡はショートゴロ。ここの大引は普通のリズムでしたね。さすがに続けてミスはしないか。
そして、ゴメス。2-2からの大きなファール、惜しかったなぁ。球場で見ていたら、絶対にホームランだと思ったでしょうが、わずかにファール。飛距離は十分すぎるほど十分だったんですが・・・。
こういう当たりが出ると、打ち直しもなかなか難しいかなという打席でしたけど、ここからゴメスが粘って、最後は際どいハーフスイングが止まって四球で出塁。よく止まりましたし、ゴメスにとっても、いい打席でした。
ランナーが貯まってマートンに期待でしたが、まだちょっとタイミングがあってない感じでしたね。京セラで見せてくれた最後の集中力に期待したんですけどねぇ。打球は高く弾んだものの、セカンドへのゴロで万事休す。

簡単には終らせなかったという意味で、相手にプレッシャーを掛け続けることはできたと思うのですが、残念ながら今季初黒星。まぁ、いくつかポイントがあって、そこで点を取れなかった、点を防ぎきれなかったということですね。

「負けに不思議の負けなしってことで・・・また明日、頑張りましょう!」

<今日の試合結果>
スワローズ 4-3 タイガース (1回戦@神宮)
(通算3勝1敗 対スワローズ 1敗)
[試合開始] 18:05 [試合終了] 21:32 [観衆] 26,280人
[バッテリー]
(Swallows)○成瀬(5)(1勝)H徳山(1 1/3)H秋吉(1 2/3)Sバーネット(1)(1S)-中村
(Tigers)●能見(5)(1敗)安藤(1)榎田(1)桑原(1)-梅野
[本塁打]
(Swallows)雄平1号(1)
(Tigers)西岡1号(3)
[盗塁]
(Tigers)鳥谷(1回)、上本(1回)
***********いい試合でしたが・・・切り替えていこう!***********

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【阪神】2015初黒星
(神宮) 阪  神300 000 000=3 ヤクルト010 030 00X=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/04/01 04:04
逆転負けで開幕4連勝ならず
4連勝がかかってるからというより、能見が今季初先発だったことと、カード初戦ということで勝っておきたかった試合。 神宮のヤクルト戦は、主導権を握ったまますんなりと勝たしてもらえんわ。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/04/02 07:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
開幕4連勝ならず・・・・今季初黒星【●3-4】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる