りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 新打線炸裂で三タテ阻止!【○6-4】

<<   作成日時 : 2015/04/16 21:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2試合連続サヨナラ負けのナゴド、第3戦。開幕の京セラドームの裏返しであれば、今日は乱打戦になりそうなのですが・・・・。今日もJ Sports2、解説が鈴木孝政さんでのテレビ観戦でした。
1回ウラ、先頭の大島がアウトになって岩崎がワンアウトを取った場面から。

得点はなんと・・・・!?

「打線テコ入れ第3弾、初回炸裂!」
タイガースが初回に打者一巡の攻撃で4点リードでした。今日は今シーズン、大きな打線テコ入れ策としては3パターン目の組み替えが功を奏しましたね。
今日は上本-西岡-鳥谷の上位打線。現状、これが一番いいパターンかもしれませんね。上本は2番に入って自分の持ち味を消されてしまっていましたが、下位に回って、やや持ち直してきたかなというところでの、一番起用。何より、西岡が2番というのが、和田監督としては、思い切ったなという印象です。
和田監督にしてみれば、2番というポジションは「和田豊タイプ」でないとダメ・・・みたいな野球観なんじゃないかな。だから、大和が入っても、上本を持ってきても、俊介を起用しても、やっぱり、みんな同じ働きを求めているんですよね。ただ、さすがに西岡に、そんな野球は求めないでしょ。本当だったら、シーズン当初の鳥谷-上本で、そういう野球をやって欲しかったんですけどね。

そんな上位打線が初回に炸裂したようです。上本ヒット、西岡ヒット、鳥谷四球で無死満塁。ここまでは、三人の持ち味が十分に発揮されたチャンスメーク。で、問題のゴメス、マートンが連続タイムリーを打ったことで、このイニングの流れが決定したと言っても過言ではないでしょう。福留タイムリー、梅野の併殺崩れで計4点。ライブで見たかったな。

「初先発、隼太・・・」
そんな打線組み替えの中で、今季初先発の隼太ですが、一人乗り遅れて、ある意味、足を引っ張ってしまったと言ってもいい感じでしたねぇ。先発をみたときに、打つ方はともかく、守備で何かやらかしそうな気もしたんですが・・・。
初回の打者一巡、無死満塁が続いたところで三振。3回の無死1,2塁のところでも、うまく打ったと思った打球がセカンドライナーで併殺。いい当たりだったけど、ツキもない。結局、このイニングでの追加点が取れなかったことで、試合がこんがらがってしまったと言ってもいいかもしれません。

「四球が命取り・・・」
いきなり4点もらった岩崎でしたが・・・そのウラ、簡単に三者凡退に抑えたときは、このまま、とにかく中盤以降まで我慢してくれればと思ったんですけどね。
2回にいきなり先頭のルナに四球。今、思えば、この四球の出し方が、今日の岩崎の全てを表していたのかもしれない。で、続く福田の初球は、ど真ん中。この展開で、四球を出してしまったという思いが真ん中に不用意に投げてしまったんでしょうかね。完璧に打たれたツーランで、試合がわからなくなってしまいました。

4回、その福田に先頭でヒットを打たれてしまったところから、一死2,3塁というピンチを迎えますが、打順を考えれば、武山、山井なので、しっかり投げて無失点で切り抜けていきたい。ところが、ここで連続四球で押し出しの失点をしてしまうわけです。百歩譲って、一塁が空いていたので、武山を歩かせてもいいという気持ちで攻めていったのであれば、それも有りなのですが、どう見ても、そんな感じのピッチングには見えなかった。変え時としては、打席がピッチャーでしたけど、ここでしたね。
案の定、山井にストライクが入らずに歩かせて、更にトップに回るわけで、大島に打たれたのも、当然でした。よく同点で済んだくらいですよ。このあとを継いだ金田がこのピンチをよく抑えてくれました。

「同点から何とか勝ち越し!」
金田が5回に、ピンチを迎えながらも、しっかり無失点に抑えた直後。梅野が先頭でヒット出塁。今日の梅野は、山井に対して思い切り振り切ることができていましたね。いい感じです。
代打の俊介は、送りバント。やや不安を感じつつ、とにかく勝ち越していかないことには、どうしようもないし、一昨日、昨日と違って、「追いつくため」の送りバントではないですから、ここは「新」上位打線に期待でした。
上本が打ち上げてしまったところは、ややネガってきたのですが、西岡がしっかりと結果を出してくれました。セカンドランナーが梅野だったし、ライト前で強肩の平田が前進してきたので、ホームやばいかなと思いましたが、梅野がナイススライディング。孝政さんも指摘されてましたが、ここは、さすがの高代コーチでしょう。思い切り回してくれたし、その思い、判断に梅野も応えてくれました。ナイス勝ち越し点でしたね。

更に8回の攻撃も全く同じパターンで、先頭で梅野がヒット、猛打賞です。で、俊介送りバント。
再び、新上位打線で、ここは上本が「らしい」粘りを見せてくれて、四球で出塁しました。今度は西岡がセカンドゴロでしたが、これが併殺崩れとなって、二死1,3塁で鳥谷。いい当たりではありませんでしたが、しぶく三塁への内野安打で、貴重な追加点でした。新打線、今日は十分に機能したんじゃないでしょうか。

「終盤、完璧リリーフ陣!」
1点勝ち越した6回からは、若い島本、そして復帰登板の安藤が、危なげなく三者凡退に抑えて流れを作ってくれました。8回には、福原が当たっている福田からの打順を翻弄。これまた三人で抑えました。おっさんセットアッパーコンビ、復活!

2点差の最終回は、もちろん呉昇桓。梅野とのバッテリーで、先頭のナニータのときにサイン違いがあったようですけど、ラッキーにも振り逃げの投球がバックネットに跳ね返ってきて、事なきを得ました。今日は運もタイガースにあり!
結局、代打攻勢のナニータ&高橋周、そして大島を三者連続三振で完璧でした。

先発の岩崎こそ、フラフラしましたけど、金田以下、リリーフ陣が踏ん張ったからこその今日の勝利ですね。新打線も何とか機能して、苦しかったけど、ナイス勝利。良かった!

「さぁ、甲子園のジャイアンツ戦で巻き返し!」

<今日の試合結果>
ドラゴンズ 4-6 タイガース (6回戦@ナゴド)
(通算7勝10敗 対ドラゴンズ 4勝2敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:24 [観衆] 26,210人
[バッテリー]
(Dragons)●山井(6)(1勝1敗)浅尾(1)田島(1)金子(1)-武山
(Tigers)岩崎(3 1/3)○金田(1 1/3)(1勝)H島本(1)H安藤(1)H福原(1)S呉昇桓(1)(5S)-梅野
[本塁打]
(Dragons)福田4号(2)
[盗塁]
(Tigers)鳥谷(2回)

脱・和田タイプ二番打者の西岡が今日のヒーローインタビュー!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中継ぎ陣が踏ん張っての勝利
 良かった、良かった。勝てて良かった。初回に4点取って、これで負けていたら目も当てられんところやった。2番手金田以降の中継ぎ陣がよう頑張ってくれました。(対中日 6回戦 ナゴヤD 6対4で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/04/16 23:55
ナゴド3連敗を阻止
最近は日替わりのスタメン。まるでオープン戦のようやね。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/04/17 07:23
ナゴド3連敗を阻止
最近は日替わりのスタメン。まるでオープン戦のようやね。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/04/17 07:23
【阪神】中日の3タテを阻止!
(ナゴヤドーム) 阪 神400 001 010=6 中 日020 200 000=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/04/18 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新打線炸裂で三タテ阻止!【○6-4】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる