りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS するりと連勝逃す・・・あと一歩が足りない【●3-5】

<<   作成日時 : 2015/04/19 18:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

甲子園での伝統の一戦、3試合目は地上波、テレ朝とスカイAのリレー中継でのテレビ観戦。矢野さんと稲葉さんの解説でした。

「藤浪のピッチング」
今日の藤浪。球数多かったですね。というか、ボール暴れまくってました。
初回、先頭の金城が初球を簡単に打ち上げてくれてセカンドフライに打ち取ったときは、今日も省エネでいけるかなと思いましたが、2番の片岡からはフルカウントピッチングが続いて、四球でランナーを出しまくっている間に球数がどんどん増えていきました。藤浪自身、無駄な四球を無くしたいと思っているんでしょうが、今日は、それが許されないくらいに制球できていませんでした。
1回、2回とランナーを二人づつ出しながらも、抑えていましたが、遂に3回、四球、ヒットの一死1,3塁から、坂本を三振に取ったものの、最後は井端にらしくライト前に運ばれて、遂に失点。今日も先制点を与えてしまいました。
自分で制球しきれないところで、苦しいピッチングでしたけど、藤浪に関しては、求めるものが非常に高いので、こういう場面でも、しっかりと抑え込んでいって欲しいですよね。
4回下位打線に対して全球ストレートで、初めての三者凡退。藤浪くらいの球威があれば、もう序盤はこれくらい極端な配球で立ち上がっていってもいいような気がしますけどね。梅野ともども、今年はいろいろと考えて試行錯誤なんだろうけどなぁ。
5回は上位打線で、簡単に二死まで取りながら、橋本、坂本の連打での1点。もったいなかった。このあと、何とか井端を三振で、さらなる失点は防ぎましたけど、tここももったいない失点。
6回のピンチも、自らのフィールディングミスが招いた二死満塁でした。それでも、金城を抑え切っての無失点。この時点ですでに100球を越えていましたが、苦しいところから活路を見出していくのも、また将来に向けての投資です。結果的に、ここを無失点で切り抜けられたこと・・・藤浪にとっては、大きなポイントになりました。

「高木勇との二度目の対戦」
前回完封された高木勇との二度目の対戦。すでに3勝してきているピッチャーですから、早々簡単に打ち崩せるとは思いませんが、それでも何とか攻略していきたいですよね。そろそろ調子のバイオリズムも落ちてくる頃でしょうし・・・。
立ち上がり。確かに得点こそできませんでしたが、球数だけは投げさせていたのは、ある程度、対策もしてきたかなというところ。しっかり、1イニング20球のノルマを積み重ねてました。3回二死から上本が出塁した場面で、完全にモーションを盗んでの二盗してきたところも、中盤以降、それが攻略の糸口になってくるかなと期待したんですよね。
4回ウラも二死からマートン、福留に連続四球。球数を投げさせている効果が徐々に出ている感じがしましたが、ここで俊介が打ち上げてしまいました。ぼちぼち、こういう隙を突いていきたかったところで、俊介が結果を残せなかったのは残念。ここまで、何気にいいところを見せてきた俊介でしたが、昨日と今日のチャンスでのバッティングは物足りないし、レギュラー狙うには物足りないですね。

「復活のゴメス!?同点ホームラン!」
2点ビハインドの6回ウラの攻撃は西岡から。高木勇の球数も増えてきて、前回の東京ドームと同じような展開はよもやないだろうし、何とかするためには、まずは得点しなくては・・・という攻撃イニングでした。
ここで、先頭の西岡がしっかり三遊間に流し打って出塁。鳥谷は倒れたものの、続くゴメスでしたね。ボールを見送る形も徐々に良くなってきていたので、それなりには期待していましたが・・・・これ以上ない同点ホームラン。高く上がった打球で、ここ数試合で何度もファールゾーンに打ち込んでいた打球でしたけど、この場面で、ついにフェアゾーンに放り込んでくれました。

「今日も終盤、1点勝負!」
球数は多かったものの、藤浪が何とか7回を抑え切ってくれて、今日も終盤の1点勝負に突入してきました。同点の8回は福原投入。やっぱり、福原がいてくれるのと、いないのでは、全く安心感が違いますねぇ。
二死からセペタに四球を出してしまいましたが、ここでジャイアンツが鈴木尚を代走で出してこなかったのも、この時点では助かりました。この辺りは、昨日の能見さんの牽制が大きな布石になっていたように思いますね。

一方のタイガースの8回は、先頭の上本がヒットを打って、2番の西岡。どうやらバントのサインだったようですが、ヒッティングの構えからのバントは初球ファール、2球目を見送りで、あっという間に追い込まれてしまいました。
昨日はあくまでも送りバントで、結果、高めのボール球を当ててしまってスリーバント失敗になってしまいましたが、今日はさすがにここからヒッティング。で、うまく拾って三遊間を破るヒットになるわけですが、これが西岡なんですよね。簡単にバントとか、本当にもったいない。ナニをやってくるか、わからない・・・そこで結果を出してくれるのが、西岡のイメージだよね。
ランナーが二人出て、続く鳥谷も送りバント。鳥谷の体調面もありそうな連日のバントですけど、昨日は能見さんも西岡も失敗した1,2塁のケースで、本当に完璧な送りバントを決めてくれました。鳥谷、さすがです。

さぁ、ゴメス&マートン。ここで決めれば、それこそ今年のタイガースにとっては、分岐点となりうるイニングになるかなと思いました。まずは調子が上がってきていたゴメスでしたが、フルカウントからスライダー・・・当たりませんでしたね。
で、問題のマートン。打球は高くバウンドしてピッチャーの頭を越えましたが、セカンドの片岡が追いついて、あぁダメか・・・という打球でした。が、片岡の送球が高く浮いて、ファーストセーフ!紙一重のプレーでしたが、ラッキーな勝ち越し点!

「縺れる終盤・・・」
本当は、更に追加点をとって、呉昇桓に楽に投げさせてあげたいところなんですが、そこが取れないところも、今年のタイガースのまだまだシンドイところ。
追加点のあと、福留が四球で満塁になって、代打のセッキー。実は今年のセッキー、開幕のサヨナラ死球とか、先日のナゴドのヒットはあったものの、結果的には当たっていない部類のシーズンなんだよね。今のタイガース打線、マートンの復調も待たれますが、代打の切り札、セッキーのバッティングも上げていってもらいたい部分ですね。

8回に勝ち越して、当然のことながら、9回は満を持して呉昇桓。
先頭の代打の高橋由にいきなりセンター前ヒットを打たれたところで、代走にここで鈴木尚を代走に出してきました。う〜ん、ランナー出したくはなかったですね。
で、盗塁を警戒してか、ストレートで入ったところを、がっつり狙われてしまいました。センターオーバー、大和をして追いつけない打球で、鈴木が長躯ホームインで、一気に同点。さすがにしぶとい。だから、あそこで追加点が欲しかったんですよ。
ただ、続く無死2塁という考えてみれば苦しいところで、何とか勝ち越しは許さずに抑えてくれたのは良かった。まぁ、坂本、井端はしっかり抑えたものの、長野は歩かせての二死1,3塁での村田の打球は、かなり際どい飛球で、鳥谷のファインプレーに助けられましたけどね。あの打球、追いつくところは、さすがに鳥谷です。

「延長戦・・・」
想定外の同点で、野手が総交代してしまったオーダーでの攻撃で、どうやって点を取っていくのか・・・というのは、危機管理という意味でも、ちょっと興味深い展開になってきました。主力でも、なかなか得点できないところで、控えメンバーでそうそう簡単に得点できるとは思えませんでしたが・・・延長戦で残っているメンバーを比較すると、明らかに不利な状況ですが、これはもう仕方ないですしね。

で、そんなメンバーで、全くサヨナラの雰囲気のないまま、澤村に2イニングを抑え込まれ、タイガースも呉昇桓がしっかり10回表を抑えて、11回。
安藤投入でしたが、先頭の橋本に四球を出してしまいました。確かに9回に呉昇桓のストレートを打ち返したところを見ていると慎重にならざるを得ないし、警戒するのもわかるのですが、やはり先頭の四球っていうのは、嫌な感じ。
坂本に送られたあと、井端のセンター返しも、やられたなぁという当たりでしたが、ここは大和の抑止力が効いてランナーはサードストップだったのですが、ピンチは広がりました。ここで中井はフォークで三振にとって二死まで持ってこれたんですけどね。
村田を敬遠して、小林勝負は間違いないし、仕方ない。結果、小林に打たれてしまいましたが、そこまでの伏線があったし、梅野のリードも徹し切れなかった部分はありましたかね。

「最後の攻撃・・・」
2点を追う延長11回の攻撃は大和から。表のジャイアンツの攻撃にも共通するように、まずランナーが出ることが、相手にもプレッシャーをかけていくことになるのですが、初球を打った打球はサード正面。期待はしましたが、何も起こらず。
そんな中で、次打者の福留はしっかり四球を選びます。で、セッキー。初球を打ち上げてセンターフライですね。相変わらず、ヒットが出ません。

最後は梅野に代わって、狩野。代打としては、一番結果を出しているバッターなので、実はセッキーとのポジションを代えてみても、おもしろいのではと思うんですけどね。ただ、矢野さん解説では、ストレート系の強さで、この場面に関しては梅野で良かったのではという意見の中・・・その通り、マシソンのストレートに力負けしてしまいました。万事休す、ホームの延長戦で勝ち切ることができませんでしたね。勢いを取り戻すためには、もうちょっとかかりそうです。

「好ゲームでしたが・・・うっちゃり負け」

<今日の試合結果>
タイガース 3-5 ジャイアンツ (延長11回)(6回戦@甲子園)
(通算8勝12敗 対ジャイアンツ 2勝4敗)
[試合開始] 14:00 [試合終了] 18:31 [観衆] 46,468人
[バッテリー]
(Tigers)藤浪(7)H福原(1)呉昇桓(2)●安藤(1)(1敗)-梅野
(Giants)高木勇(7)山口(2)○澤村(2)(2勝1敗4S)Sマシソン(1)(1敗1S)-小林
[本塁打]
(Tigers)ゴメス2号(2)
[盗塁]
(Tigers)上本(3回)
(Giants)坂本(5回)、井端(11回)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
相手の方が一枚上手やったということ
 8回相手のエラーで勝ち越し(相手がエラーせんと点よう取らん)、あとは呉昇桓が締めて、というとおころやったが、呉昇桓が2球で同点に追いつかれ延長戦に。11回表に決定的な2点を失い、またもカード負け越し。(対巨人 6回戦 甲子園 5対3で負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/04/19 23:24
【阪神】巨人に延長で敗れる
(甲子園) 巨 人001 010 001 02=5 阪 神000 002 010 00=3 〔延長11回〕 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/04/20 08:59
4月19日のプロ野球とJリーグ総括(セの転換点になりそうな甲子園の試合と外野の騒音に結果で応えたカズ...
まずは、最初の方をTV朝日で(途中は出先からワンセグ、電器屋のTV、ラジオ中継、TwitterのTLなどのネットで経過を追い)、最後の方をBS朝日で見ていた甲子園の試合の件。 4/19 14:00〜 阪神 vs. 巨人6回戦(甲子園、46468人、4時間31分、巨人4勝2敗) 巨人 001 010 001 … ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2015/04/20 10:58
勝利がスルリ、読売に逆転負け
終盤に勝ち越して、勝利の方程式でそのままゲームセット。誰もがそう思ったはず。まさかあんな展開になるとはなあ。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/04/20 21:52
勝利がスルリ、読売に逆転負け
終盤に勝ち越して、勝利の方程式でそのままゲームセット。誰もがそう思ったはず。まさかあんな展開になるとはなあ。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/04/20 21:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
するりと連勝逃す・・・あと一歩が足りない【●3-5】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる