りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2015観戦記-8】vs.ジャイアンツ3回戦@東京D【●0-3】

<<   作成日時 : 2015/04/05 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日に引き続き、今日も東京ドームへ!
朝、出かける前にネットを見ていたら、安藤が離脱とのこと。昨日の6回ウラの継投、石崎で何ら問題はなかったと思うのですが、いつもの采配なら、安藤だろうなと、あれ?と思ったのも事実なんですよね。まぁ、安藤が投げていて結果がどうなったかは神のみぞ知るなんですが、和田監督って、何故か災い転じて福と為すみたいなことが多々あるので、昨日の展開は石崎に経験値を与えることに意味があって、これが後々活きてくるんだと思う…というか、そうなって欲しいよね。

画像


今日も開門前に球場到着。今日は久しぶりにレフトスタンドからの応援でした。よくよく思い出したら、去年のCSも内野席でしたからね。
水道橋に着いたときには、結構雨も降ってきていたんですが、とりあえず早くドームの中に入りたかったので、雨ざらしの列に並ぶことに…。結局、いつも入場の列に並んでいるような気がします。
中に入ってからは、いつものように腹ごしらえ。生ビールを飲みながら練習をまったりと…。しかし、ドームの外野席は一瞬たりとも気が抜けない。バッティング練習のボールがガンガン飛んできますからね。ただ、タイガースの場合は、レフトスタンドで注意を要するのは、ゴメス、マートンと良太が打ってるときくらいですかね。それにしても、両外人、ガンガン打ち込んできてました。これが、試合中だったら良かったんだけど。

画像


今日の藤浪。初回の立ち上がりは完璧でしたね。1試合を通じてという意味でも、決して悪くない内容でした。8回を投げ切って104球だもんね。先週の試合のグダグダに球数が増えていったことを考えると、しっかりと修正できたと評価してもいいのかもしれない。
ただ、だからこそ、2回のピッチングがもったいなかった。結果的に先制点を与えた暴投もそうなんだけど、やっぱり残念だったのは、そこまでの過程で、ペセダに与えた四球。先頭の阿部のヒットは仕方ないんだけど、決して当たっているとは言えないバッターを歩かせてしまったところが、今日の試合の最初のポイントだったように思います。多分、あの打席をきっちり抑えていたら、今日は完封できていたかもしれない。もちろん、あそこからキッチリピンチの芽を摘み取る圧巻のピッチングも、藤浪には求められるところではあるんですけどね。

画像


今日のポイントの二つ目はバント。セペダに四球を出した直後に、井端にきっちり送られたわけですが、ここはさすが井端…なんだけど、阿部の足を考えても、タイミング的にはゴメスが捕ってサードでアウトにできたような気がしました。ただ、まだ序盤だし、安全に行ったということでしょうね。まぁ、それはそれで、瞬時の判断だし、そこから2失点してしまったのも、結果論です。
問題は、その直後の攻撃で、先頭の梅野がヒットで出塁した後の藤浪のバント。序盤で、当然の定石で、相手もそれ前提でシフトを敷いてくるわけで、非常に難しい場面というのは確かなのですが、それでも絶対に決めなきゃいけない場面だし、流れを考えても決めたかった。そのあと、得点に繋がったかどうかも、わかりませんが、そうやって、相手のルーキーピッチャーにプレッシャーかけていかないとダメな場面でした。
藤浪は、6回先頭の梅野死球の後も、バントを失敗してしまいました。ここも、相手の動揺を増幅させるために決めたかったけど、ジャイアンツの思い切りのいい守備で送れませんでした。うまく転がしたとは思うのですが、その前の失敗のこともあったし、梅野のスタートも遅れたのかもしれません。そういうのは、その場だけの話ではなく、次に繋がっていくのが野球ですしね。
梅野のスタートと言えば、3回にディレードのような形で走り出してアウトになったシーンがありましたが、新しいピッチャーで、フォーム的なことで、うまく幻惑されていたのかもしれませんね。

画像


藤浪のピッチングは、ほどほど良かったんだけど自滅という形でしたが、やはり打線も援護したかったなぁ。結局、高木勇にプロ初完封を許すことになってしまいました。それどころか、3回の梅野のヒットが無ければ、どうなっていたことか。序盤こそ、いい当たりもあって、それが野手の正面を突いていた感じでしたけど、中盤以降は、全く雰囲気がありませんでした。せっかくレフトで応援していたのに、タイガースの打球が全く飛んでこない…。とにかく、5回以降は内野の頭を打球が越えない。ランナーも出ないから、かき回すということもできず、イニングを重ねるだけでした。
最終回、ようやく梅野、代打の狩野が外野に大きな当たりを打ちましたが、いずれも外野の守備範囲で簡単にツーアウト。それでも、なんとか、鳥谷が右中間を割って、今日初めて得点圏にランナーをすすめると、上本も粘って四球。とにもかくにも、一発同点のシチェーションを作って、最後のプレッシャーをかけてくれましたが…これをもうちょっと早いイニングに見せたかったなぁ。
西岡が繋ぐと、本当に面白い展開になっていたかもしれませんが、最後もあえなくショートゴロ。

残念ながら、昨日のリベンジできずに返り討ちにあってしまいました。今季初の連敗&零封負け。今日はほとんど盛り上がることなく、終ってしまった・・・・。
まぁ、まだまだシーズン序盤。藤浪には、省エネ投球での結果を早く出してもらうことは大前提として、高木勇には、次回はきっちりとお返しして欲しいですね。

<今日の試合の観戦記録>
2015. 4. 5 読売ジャイアンツvs.阪神タイガース 3回戦
東京ドーム 14:00〜16:14 天候:雨のち曇り
主審 牧田、塁審(1)木内 (2)中村 (3)川口
観衆 44,590人 レフト外野指定席F06ブロック51通路9列605番で観戦

画像


Giants 3-0 Tigers●
(通算5勝4敗 対ジャイアンツ1勝1敗)

[バッテリー]
(Giants)○高木勇(9)(2勝)-阿部
(Tigers)●藤浪(8)(1勝1敗)-梅野
[本塁打]
(Giants)亀井3号(1)
[盗塁]
(Giants)片岡(3回)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2015観戦記-8】vs.ジャイアンツ3回戦@東京D【●0-3】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる