りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 好守に粘りなくナゴドで連敗・・・・【●1-6】

<<   作成日時 : 2015/05/17 17:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

今日の試合も、J Sports2でのテレビ観戦でした。解説は鹿島さん。今日の実況氏とのコンビ、タイガースのネガデータを強調して紹介するんですが・・・地元仕様なんだろうけど、やめて欲しいなぁ。
ドラゴンズは、吉見が予告先発だったので、今日も厳しい試合になるかなぁと思っていたのですが、テレビをつけると、急遽、武藤に変更になったとのこと。多少、組し易しという感じなんですけど、正直に言って、今のタイガース打線は相手に誰が来ても、やってみないとわからない。特に一昨日、昨日と、ナゴドらしい最小得点の戦いになっているだけに、いかにあちらのアクシデントを、こちらの優位に結びつけることができるか・・・。

「またもバント病。しかも・・・」
初回、いきなり西岡がヒットで出塁。2番に戻した上本に対して、ベンチはやっぱり送りバント。1点勝負の流れのナゴドで、まず得点圏にランナーを進める・・・という和田監督の理想も、そりゃ定石としてはあるんだろうけど、再三再四、語りつくされているように、相手投手の立ち上がりで、不安なところをアウト1つあげることのデメリットの方が多いと思うんですよね。しかも、相手は緊急先発のピッチャーなわけで・・・。更に言うと、タイガースの場合、得点圏に置いて確実にクリーンアップが返してくれることも、確率が低いと言わざるを得ない。
しかも、タイガースの場合、この送りバントの失敗も多いわけで、監督の野球観、理想と、チームの姿にかなり乖離しているということも言えます。今日の初回、まさにこの不安的中で、考えられうる最悪のバントフライ併殺。西岡が戻れなかったかどうかということになると、これは微妙。フライが上がった瞬間にキャッチャーがすぐに指示していたけど、もし西岡が一塁に戻っていたら、一旦、ワンバウンドさせて1-6-3のダブルプレーを狙ってきたと思う。だから、上本があれだけ上げてしまった時点で大失敗。
結果論ながら、このあと、鳥谷に制球定まらず四球、ゴメスも完璧なヒットで出塁しただけに、もったいないバントになってしまいました。こういう形になると、流れも悪くなる展開で、いきなり暗雲・・・・。

「しつこくバント・・・」
3回表の攻撃も、先頭の西岡が四球を選んで出塁。初回と全く同じシチュエーションで上本がやっぱり送りバント。ここは、初球をきっちりと決めました。オートマチックバントは、本当にやめて欲しいんだけど、初回のこともあるので、まずはあの失敗を払拭するために、流れの中で上本が決めることができたのは良かった。もちろん、それ以上の意味はないと思ってますけどね。とにかく、1アウトがもったいない。
それでも、この送りバントを生かすも殺すも、結局クリーンアップ次第。この場面では、まず鳥谷が三遊間を破るヒットでしたが、さすがに西岡が三塁ストップ。
で、チャンスでゴメス。初回のようなヒットが出れば文句なしなんですが、1,3塁というケースだと、併殺という展開が、今年の場合は非常に多いと思うし、結果、そうなっちゃいましたね。今回も、送りバントが流れを引き寄せるキッカケにはなりませんでした。自ら、試合を重苦しくしている感は否めませんでしたね。まぁ、いつものことなのですが・・・。そもそも、今季未勝利の岩崎が投げている時点で、1-0で勝とうとする野球もどうかと思うんですけどね。

「岩崎急変で流れが急転・・・・」
序盤のチャンスを自らの作戦で重苦しくしていくと、どんどん流れが変わってきてしまうのは、野球というゲームの常。どちらかと言えば、ふらついていた武藤に対して、まずまずの立ち上がりだった岩崎。ただ、こういう展開が一番恐い。
タイガースとしては、3イニング連続で得点圏でのチャンスを潰し、4回も先頭が出塁しながら、何もできず。で4回ウラ。先頭の荒木を四球で出したあと、平田に対しては内角をうまく突きながらも、際どいコースがことごとくボール判定になって四球。ルナに対しては、全くコースに決まらず、精神的に追い込まれたところで、またも四球で、無死満塁となってしまいました。
ナニータを迎えて、中西コーチがマウンドに行きましたが、ここまでくると、細かい制球が全く定まらず。ボール先行の苦しいピッチングながら、ボール球を何とか振ってくれてフルカウントにしてから、最後は当てるだけのレフトフライで、まずワンアウト。続く福田もボール球を振ってくれて、何とか追い込むことができました。結果、ボテボテの当たりになったので、1点仕方なし。
ただ、エルナンデスに対して、打ち取った当たりだったんですが、コースが悪くて一塁内野安打。岩崎のカバーがやや遅れた感もあるのですが、間一髪アウトだったような気もするんだけどね。当たりが当たりだっただけに、2者生還となって、結局、四球で出した3人を全て返してしまいました。
解説では、次の松井雅との勝負を考えて、ストライクを投げなくてもと言っていましたけど、このイニングの岩崎の内容を考えれば、完全に歩かせる形でないとストライクコースに入ってくる可能性は高かっただろうし、ましてや満塁にはしたくなかったというのがバッテリーの考えでしょう。少なくとも打ち取った当たりではあったわけで、点が入ってしまったのは結果論なんですよね。

「リリーフした岩本も崩れる・・・」
5回、代わってマウンドに上がったのが岩本。もちろん、先日の中止の影響を受けての中継ぎ待機だったんでしょうけど、ちょっと、起用法については、やっつけ感がありました。あまり、こういう使い方をして、うまくいった記憶がないんですよね、最近。
案の定、岩本も、一死から大島に四球で出塁を許して、その後、平田にタイムリーを浴びてしまいました。またもや四球のランナーが・・・・。ゲーム展開としては、最悪ですし、これでは、ただでさえ逆転の目が出にくい攻撃陣にとって、なかなか流れを掴めと言っても厳しい。
ルナにもヒットを打たれて、1,2塁になったあとのナニータの打席も、フルカウントになったところで、外野を後ろに守らせたら、その外野の前に落ちるタイムリー。完全に流れを手放してしまいました。更には福田にもタイムリーを打たれて、岩本から榎田にスイッチ。結局、岩本にダメージを与えただけで、大量ビハインドという結果だけが残ってしまいました。それにしても、相手に流れを渡したときの無抵抗ぶりは、今年のタイガースの悪いところだなぁ。

「あっさり風味の攻撃陣・・・・」
6点ビハインドになっての後半戦。わずかな望みとしては、その前の攻撃で、武藤に代打が出ていて、ピッチャーが代わること。流れを変える意味で、こういうところにも、つけ込んでいきたいところ。
ただ、こうなると、もう打つだけしかない攻撃の幅の狭さが、さらに厳しさを感じさせることになって、打線が活発な雰囲気にならないんですよねぇ。むしろ、逆に無抵抗みたいな感じになっちゃうのが、悪いところなんだよね。こういう展開で、一度でも大逆転みたいな展開ができるようになると、チームの流れも変わってくるんでしょうけど。
そんな大逆転に向けての期待をしつつ、6回は浅尾に対して、ゴメスにヒットは出るものの、それだけ。7回は岡田に代打攻勢でしたが、あっさりと三者凡退。

そして、ある意味では、一番期待していた攻撃は田島相手の8回。西岡からの打順で、とにかく1点でも2点でも取ってくれれば、ドラゴンズも後ろが不安なはずなので、少しでも面白くなるんじゃないかなと思ったのですが、簡単に上位打線が三者凡退。

最終回、ゴメスがいきなり一発を打ってくれて、零封負けは阻止してくれましたけど、そこからの反発力は見せられず単発で試合終了。ゴメスも猛打賞なんだけど、唯一凡退した打席がチャンスで併殺だったっていうのも、残念な結果でした。

結局、ナゴドでは3点しか取れなかったというのが現実でしょう。そのために、監督の頭の中には、送りバントという選択肢しかないんでしょうが、それで点が取れていないというのも事実。逆に一昨日の逆転したイニングでは何が起こったのか。そんなことを思い出す以前に、過去3年間での結果を振り返れば、自ずと答えも見えてくると思うのですが・・・・。

明後日からは交流戦前のラストウィーク。セ・リーグで貯金を持っているジャイアンツとベイスターズとの上位2チームとの対戦です。とにかく、守備で無駄な失点を防いで、僅少差で勝機を見出していくしかありませんが、開き直って、大胆な作戦も見せてもらいたいですね。
今週は連敗で締めてしまいましたが、良いところも多々見られた一週間でした。まずは、甲子園での対ジャイアンツで、また良い部分を発揮できるような戦い方を期待して、応援したいと思います。

<今日の試合結果>
ドラゴンズ 6-1 タイガース(12回戦@ナゴド)
(通算18勝22敗 対ドラゴンズ 7勝5敗)
[試合開始] 14:00 [試合終了] 16:56 [観衆] 29,894人
[バッテリー]
(Dragons)○武藤(5)(1勝1敗)浅尾(1)岡田(1)田島(1)福谷(1)-松井雅
(Tigers)●岩崎(4)(3敗)岩本(2/3)榎田(1 1/3)小嶋(2)-鶴岡、梅野
[本塁打]
(Tigers)ゴメス3号(1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
岩崎突然崩れ竜に連敗
 今日はテレビ中継がなく、ラジオのみだったからよう解らんかったけど、3回までまずまずのピッチングしていた岩崎が、4回に3者連続四球と突然乱れ、そこから3点取られた。打線は今日も振るわず最終回に久し振りのゴメスの一発が出ただけ。(対中日 12回戦 ナゴヤD 1対6で負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/05/17 18:30
【阪神】中日に連敗
(ナゴヤドーム) 阪 神000 000 001=1 中 日000 330 00X=6 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/05/17 19:58
岩崎自滅、岩本滅多打ちでカード負け越し
岩岩コンビが共に3失点。残念なことに開幕当初に比べてだんだん悪くなっている。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/05/18 23:15
岩崎自滅、岩本滅多打ちでカード負け越し
岩岩コンビが共に3失点。残念なことに開幕当初に比べてだんだん悪くなっている。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/05/18 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
好守に粘りなくナゴドで連敗・・・・【●1-6】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる