りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり荒れた雨中の地方球場・・・痛み分け【△6-6】

<<   作成日時 : 2015/06/23 23:59   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

今日からはカープとの地方遠征2連戦。まずは長野オリンピックスタジアム。一度行ったことがありますが、そのときは対ベイスターズで、久保が完封して1-0で勝利でしたね。その久保が、いまやベイスターズにいるというのも、変な感じです。

今日はJ Sports1でのテレビ観戦で、解説は橋本さん。1回ウラの守備からの観戦でしたが、初回の攻撃ではチャンスがあったようですが、併殺で無得点・・・・。

「岩田、2度の立ち上がり・・・」
まずは岩田の立ち上がりですね。いきなり初球を丸にヒットされてしまいましたが、菊池がボール球を打ち上げてくれて、助かったなぁというシーン。ところが、丸に盗塁されて、得点圏にランナーを置いてから、鈴木誠にも四球を与えてしまいました。
ここで、新井さん・・・。今年の新井さん、なかなかボール球を振ってくれませんねぇ。でフルカウントになってから、センターへ打ち返されました。かなりいい当たりでしたが、これをセンターの柴田が前進して好捕、二塁へすばやく送球してダブルプレーがとれました。いやぁ、柴田だから、かなりドキッとしましたが、ここは好守備、好判断。岩田も何とか立ち上がりを抑えて、ここから乗っていってくれるかなぁ・・・と思いましたが。

まさか、二度目の立ち上がりがあったとは。
2回表に今成の先制ホームランが出た直後から、雨が激しくなってきて、タイガース攻撃終了後に試合中断。普通だったら、このまま中止になるかなぁというくらい、テレビで見ていても凄い雨でしたが、地方球場で、始まった以上は、何とかやりたいということでしょうか。あまりやんでないかなぁという状態でしたが、30分後に試合再開。これから試合開始みたいな感じで、岩田のピッチングを注目しました。
エルドレッド、梵と打ち上げてくれて、内野フライ2つで、簡単にツーアウトになったので、中断の影響はないかなぁと思いましたが、田中に右中間の当たりで二塁打にされたところから、思わぬピンチになってしまいました。石原敬遠はいいとして、黒田にストライクが入らず、結局四球。満塁で丸という場面になってしまいました。何とか、ここは三振に取って事なきを得ましたけど、いきなり序盤からしんどい場面の連続でした。

「対右投手打線」
このところ、右投手相手には、上本を下位に置いて、2番に柴田を起用してますね。上本を2番固定でという声もあるとは思うのですが、個人的には、この打順は割りとスンナリ受け入れられますね。
上本の状態も上がってきているということもありますが、下位で今成と並べることで、下位打線でも攻撃面では期待できるかなという打順になりますよね。なにより、和田野球では2番はバント要員になってますから、上本ではもったいないかなぁ・・・と。
まぁ、柴田も打ってくれれば、もちろん嬉しいし、結果的にチャンスで柴田が凡退すると、上本が2番だったらという声も出てくると思いますが、それもこれも結果論ですしね。で、今日の試合は、果たして?

そんな中、左右に関係なく起用されている今成が、2回に今季初ホームラン。初球から黒田のボールの待ち方が非常に良かったので、かなり期待して見ていたのですが、完璧な当たりでしたね。

「雨中の投げ合い」
岩田と黒田の投げ合いは、2回の中断以降、雨中の我慢比べになってきました。
苦しかったのは岩田ですね。3回もいきなり菊池に打たれ、鈴木誠のピッチャーゴロは、セカンド封殺のみ。岩田が打球を弾いて、慌てて二塁に投げたので、やや暴投気味になってドキッとしましたが、上本が精一杯伸びた状態で捕球してアウト。ボールも濡れていますし、こういうプレーが多くなりそうだなぁというシーンでした。
これで、ちょっと助かったなというところで、新井さんも詰まった当たりのファーストゴロで二塁封殺。これで、何とかこのイニングも逃げ切れると思ったら、エルドレッドに四球を与え、さらに梵の打球をゴメスが弾くエラーで、またも満塁・・・。もうピンチの連続ですねぇ。ここも、田中をファーストゴロに抑えて無失点で切り抜けましたけど、途中でマウンドがぬかるんで、まさに苦投という内容でした。

一方、その直後のタイガース打線は、ゴメス、マートン、上本が黒田の前に三者凡退。雨の中、黒田が凄いのか、タイガース打線がしょぼいのか・・・。

4回ウラも下位打線でしたが、先頭の石原にうまく合わされてヒットでの出塁を許してしまいました。こうなると、黒田は送りバントで、一死2塁からの上位打線。ここで遂に打たれてしまいましたね。丸に逆転のツーラン。甘く入ってしまったボールでしたが、見事にやられました。
で、ここで止めていれば、何てこともなかったのですが、岩田もちょっと緊張の糸が切れちゃったかな。足元も気にして、細かい制球もままならない感じでしたし、ここから連打を浴びて、さらにエルドレッドにタイムリー。ただ、このあとの満塁をまたも、何とか凌いで、とりあえずギリギリ、試合をキープという形で中盤へ・・・。

「柴田が打った!」
2点ビハインドで5回表。ここからはとにかく、雨とも戦わなくていけなくなってしまい、かなり厳しい展開になってきてしまいました。ただ、その雨自体は、テレビで見る限りは、かなり弱くなってきている感じではありましたけどね。ここから焦らずに、腰を据えて攻撃に挑むことができるのかどうか。

その5回表の攻撃で、今成が四球を選んで、鶴岡が送りバント。岩田に代打の良太を送るという作戦できましたが、ここは、まず1点という攻撃ですね。ベンチも雨は気にしていないようでした。というか、このイニングの攻撃中、雨はやんでいたようです。

良太が注文通り、外角のボール球に手を出して三振に終ったときは、この回も黒田の前に抑えられるのかなぁと思ってしまいましたが、鳥谷がヒットで繋いで、さて、柴田の打席ですよ。
この打席、最初の今成の打席同様、ボール球の見送り方が良かったんですよね。とりあえず、1点だけでも返しておけばと思いつつ、期待を持って見ていましたが、ここはやってくれましたね。右中間を破って、一気に鳥谷も生還する同点タイムリー!できれば、福留も続いて欲しかったところですが、とにもかくにも、なかなか素晴らしい反発力を見せてくれました。

「課題の継投は?」
タイガースの防御率がリーグ最下位の件。これは、ひとえにビハインド時の中継ぎ陣が火に油を注ぐが如く、打たれているところにあって、所謂、勝ちパターン以外での継投で、いかに相手打線を抑えていくことができるかという点が、これからタイガースが貯金を蓄えて、上にあがっていけるかどうかの大きなポイントです。今日の展開も、同点ではあるものの、岩田が早々とマウンドを降りて、5回ウラからのリレーということになって、注目の継投になりました。

まずは松田。5回ウラは、石原、黒田と順当に討ち取ったあと、丸には変化球責めでしたが、ストライクがとれずに四球で出塁を許してしまいます。こういうところで三人で抑えられると、流れもついてくるんですけどね。うるさいランナーを背負って、また消耗しながらのピッチングで、菊池はレフトフライに討ち取って、やれやれ。ここまで、タイガースはピンチの連続でしたから、やっと得点圏にランナーを置かずに終ったというイニングでした。
イニング跨ぎの6回はクリーンアップ相手。一発警戒ではあるんですが、一死から新井さんに四球。また、ランナーを出してしまいました。さらにエルドレッドも追い込んでから変化球を合わされてヒット。またもピンチが・・・・。
梵が初球を打ち上げてくれて、まずは助かったという二死から、ベンチは高宮にスイッチ。あまり動きすぎるのは、どうなんかなぁと思いましたけどね。しっかり田中を三振にとってくれました。

「痛恨のバッテリーミス・・・」
7回の攻撃は、今日のキーマンになっている今成から。ここで何とか黒田から勝ち越し点を奪っていきたかったところでしたが、この打席の今成は三振。そうそう簡単に攻略できませんね。鶴岡、代打の江越も三振で、あっさり三者凡退。

ピンチの連続をしのいで、何とか6回まで同点で耐えてきて、7回は今日も安藤を投入。
石原からの打順で、ここもしっかりと抑えておきたかったのですが、またもヒットで出塁を許してしまいました。で、ここは代打のシアーホルツ。送りバントはなしで、打ってくるだけだなという場面になりましたが、こうなると、ちょっと安藤では心元ないんだよなぁ。うまくセンター前に弾き返されてしまいました。
そして、当たっている丸をショートゴロに打ち取ったものの、セカンド封殺のみ。一死1,3塁になって、更にピンチは続きます。外野フライでも厳しいところで、今日の安藤の球威・・・。
それでも、菊池が、バントをしてきたり、ボール球をファールにしてくれたりで、追い込んだんですけどね。打たれる前にバッテリーミス。もったいないワイルドピッチで、勝ち越しを許してしまいました。結局、菊池はキャッチャーフライ、鈴木誠は三振で抑えてるし、本当にもったいない1点でした。

「縺れる終盤・・・・」
それでも、まだ1点差。まだまだ諦めるわけにはいきません。8回表は、リリーフの大瀬良に対して、トップの鳥谷からという打順で、しっかり四球を選んで出塁してくれました。
さて、柴田の打席ですよ。1点ビハインドで、ビジターの攻撃で、すでに8回。同点に追いついただけじゃダメなんですけどね。やっぱり送りバントですか・・・。柴田は見事に決めてくれましたけど、これはベンチも、本当に考えて欲しい。
結果的に、福留が痛烈なヒットで繋いで、ゴメスのスリーランが出たから、いいようなものの・・・。いや、ゴメス、ナイスバッティング!ここは一発で仕留めてくれたゴメスに拍手です。

地方球場は何が起こるか、わからないので、このあとのマートンのヒットを足がかりに、さらに得点を積み重ねたかったんですが、二死1,2塁から、代打の狩野の止めたバットにボールが当たってしまってピッチャーゴロ。追加点ならず。それでも2点リードで、必勝リレーを出せる展開になって、かなり勝利に近づいたという流れになってくれました。

で、8回の福原。先頭の新井さんに、うまく打たれてしまいました。レフトへのホームランで、1点差。本当に、何が起こるか、わからない。まだまだ波乱含みですが、後続を三人で終らせて、さすが福原でした。

結局、1点リードで、もちろん呉昇桓投入。
ピッチング練習の最後のボールが浮いていたので、マウンドが合わないんじゃないかなぁと、ちょっと心配しましたし、いきなり會澤にスリーボール。追い込んでから、ファールで粘られて、最後はワンバウンドのボールで歩かせてしまいました。まだまだ苦難は続く・・・。
で、代打の野間はバントの構えから、いきなり内角のボールが死球になってしまいました。これは痛い。

完全にマウンドが合っていませんでしたね。もうストレートしか投げられない状況になって、丸に見事に狙われて、ライト線への同点二塁打。無死2,3塁で菊池という場面になって、もう修正が効かない状態。
サヨナラ必至という場面で、菊池の叩きつけた打球は、今成が抑えてファーストアウトで、一死は取ったものの、代打の松山にもカウントが悪くなって、結局、塁を埋めて満塁・・・で、新井さん。力みまくった、いつもの新井さんでした。浅いライトフライでツーアウト。
最後はエルドレッド。フルカウントからファールを挟んだラストボール。空振り三振!何とか踏ん張りました。投げている間にマウンドにアジャストして、最後に力のあるボールを投じることができたように思いました。

「長時間ゲーム、延長戦・・・」
11時近くになって、延長戦突入。そういえば、長野オリンピックスタジアムから、シャトルバスで長野駅前のホテルまで帰るんですが、交通がそれしかないので、バスに乗るのにやたら時間がかかった記憶があります。今日、球場へ行ったファンのみなさんも、帰りは大変だったんじゃないかな。

試合はまずタイガースがチャンスを掴みました。10回先頭の福留がヒットで出塁、さすがです。ゴメス、マートンを引っ込めているタイガースは、坂が送りバントで、得点圏にランナーを送り、大和、上本、今成に期待も、まず大和は胸元のボールを窮屈に打ってファーストフライ。ちょっと残念なバッティングでした。最低でも三塁に進めて、何が起こるかわからない状況にはして欲しかったところでした。
こうなれば仕方ないですが、そうなれば、厚くしておいた下位打線に期待で、その期待通りに、上本がヒットで繋いで二死1,3塁になりました。ここは今成に決めてもらいたかった場面でしたが、三振。う〜む。

タイガースは歳内が登板。が、歳内もボール先行のピッチングになってしまって、梵、田中は抑えるものの、二死から會澤にストレートの四球。どうしても簡単に終らせてくれない・・というか、はっきり自滅っぽいんだけど、カープ打線も決めきれないところで、野間が初球を打ち上げてくれて10回をクリア。

11回も先頭の藤井さんがヒットで出塁。俊介、定番の送りバントをしっかりと決めて、再び一死2塁となって、鳥谷の打席。次が荒木になっていただけに、キャプテンで決めて欲しかったんですが、平凡なレフトフライでツーアウトになってしまいました。まぁ、こういう試合は、意外と荒木みたいなバイプレーヤーがヒーローになったりしてくれないかなぁと思ったんですけどね。フルカウントから粘りましたが、最後は力なくセカンドフライ。ここも得点ならず。

イニング跨ぎで歳内が対するカープ上位打線。丸に初球をセンター前に打たれて、菊池が送りバント。全く同じ形を作られて、踏ん張りどころでした。三番に入っていた中東を力で押しこんで、サードへのファールフライで二死にして、再度、新井さん。ここは塁を埋める敬遠でした。これは仕方ないですね。
二死1,2塁で、代打の小窪。歳内に託したタイガースベンチ。外野に打ち上げられて、一瞬ドキッとしましたが、前進守備の俊介がバックして余裕で捕球。歳内が力で勝ったって感じでした。ナイスピッチングだったと思います。

「決着つくか?」
遂に延長12回、ラストイニングまで来てしまいました。
先頭の福留、完全に一発狙いでしたが、タイミングが全く合わずに三振。坂も簡単にセカンドゴロ。これで、引き分け狙いかなと思いましたが、大和が代わった今井からセンター前にヒット。まだ、希望は残りましたが、盗塁を狙った大和がセカンドアウトで万事休す。これでタイガースの勝ちは無くなってしまいました。

最終回のマウンドも歳内に託しました。3イニング目。ここを抑えれば、また歳内自身のチャンスも増えていくところでしたが、いきなり先頭の梵をストレートの四球で出してしまいました。今日は各ピッチャー、与四球も多かったなぁ。これでは、さすがにしんどいよ。
当然のことながら、田中は送りバントの構えでしたが、ボール先行。結局、歩かせて、無死1,2塁で、9回の呉昇桓と、形の上では同じような状況になってしまいました。

で、會澤の送りバント。ラッキーなことに藤井さんの前でボールが止まって、2-5-3のダブルプレー。苦しいところで、これは助かりました。
ツーアウトになりましたが、それでも、まだサヨナラのピンチ。左の野間、丸と続くところで、島本にスイッチでしたが、踏ん張ってくれましたね。ボテボテのピッチャーゴロ。痛み分け!

お互いに勝てた試合を引き分けたって試合でしたが、タイガース的には、呉昇桓がマウンド合わずに、サヨナラ負けの絶体絶命の場面から、よく引き分けたと思いましょう。何より、結果を残して欲しかった若手の投手陣。松田、歳内、島本がよく踏ん張ったよ。もちろん、岩田、安藤、福原、呉昇桓といずれも失点を重ねてしまったのは反省でも、そういう試合で負けなかったというのは大きいと思います。
とにもかくにも、お疲れさまでした。明日も全力で戦おう!

<今日の試合結果>
カープ 6-6 タイガース (延長12回)(8回戦@長野)
(通算33勝33敗1分 対カープ2勝5敗1分)
[試合開始] 18:01 [試合終了] 23:48 [観衆] 21,126人
[バッテリー]
(Carp)黒田(7)大瀬良(1)ヒース(1)中崎(2)戸田(2/3)今井(1)-石原、會澤
(Tigers)岩田(4)松田(1 2/3)高宮(1/3)安藤(1)福原(1)呉昇桓(1)歳内(2 2/3)島本(1/3)-鶴岡、藤井
[本塁打]
(Carp)丸10号(2)、新井3号(1)
(Tigers)今成1号(1)、ゴメス7号(3)
[盗塁]
(Carp)丸(1回)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1試合だけあったJ1 1st第13節の件を前振りに、6月23日のプロ野球の件(セ全チームが貯金なし^...
まずは、ACLのからみで今日に延期されたJ1ファーストステージ第13節残り1試合の件。 【J1第13節】柏レイソル 1-0 ガンバ大阪 ロングハイライト 2015.6.23 記事更新!&amp;gt;&amp;gt;【J1採点&寸評】柏×G大阪|ACL生き残り組の対戦はホームの柏に軍配!|サッカーダ… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2015/06/24 07:34
【阪神】広島と引き分け
(長野) 阪 神010 020 030 000=6 広 島000 300 111 000=6 〔延長12回規定により引き分け〕 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/06/24 11:33
地方球場ならではの怖さ、AFOが打たれて延長12回ドロー
試合終了は23時48分。観戦していたファンが、どうやって帰ったのかが気になる。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/06/25 07:24
地方球場ならではの怖さ、AFOが打たれて延長12回ドロー
試合終了は23時48分。観戦していたファンが、どうやって帰ったのかが気になる。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/06/25 07:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり荒れた雨中の地方球場・・・痛み分け【△6-6】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる