りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 楽勝ペース一転乱打戦、そして何とかサヨナラ勝利!【○9x-8】

<<   作成日時 : 2015/06/03 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

交流戦、マリーンズとの2試合目は、スカイAでのテレビ観戦でした。解説は大熊さん。
2回表二死ランナーなしで、藤浪対田村の同期対決の場面から。2-0でリードして、藤浪もちょうど波に乗ってきたところ。球速157キロも計時してましたね。
しかし、スタンド、ガラガラやなぁ。関西にいれば、絶対に見に行くのに・・・・。

「流れを変えて・・・」
選手たちは気持ちを切り替えて試合に臨んでいるはずですが、それでも昨日の今日で、嫌な感じはあったはず。というか、あちらは気分よくかかってくるのは間違いないだけに、序盤から、その流れを断ち切って、新たな気持ちで今日の試合を進めていきたいはず。
そういう意味では、今日の序盤は、なかなか理想的な立ち上がりだったようです。初回の藤浪は、いきなりヒット、四球でランナーを溜めてしまったようですが、角中を三振ゲッツーで討ち取って、ここで昨日の嫌なイメージを完全に払拭できたんじゃないでしょうか。ここは、さすが藤浪でしたね。

さらに、初回にゴメスの先制ツーラン!このところの藤浪の登板では・・・というよりも、毎試合、なかなか打線の援護がなかったところで、初回に四番の一発で先制というのも、いいムードになりますよね。これ、昨日までだったら、ゴメス凡退で初回無得点で、また重苦しい展開になっていたところですよ。
好調の藤浪が投げているということ、そして昨日の試合を受けて、チーム全体も開き直ったかな。まぁ、マリーンズの先発のイ・デウン。6勝しているとは言え、防御率5点台のピッチャーですからね。タイガース打線が、きっちり得点を重ねられたこと。本当にホッとしましたよ。これで完璧に抑えられるようなことがあったら・・・・。

「着実に追加点!」
そのイ・デウンに対しては、2回には二塁打の隼太を、藤浪自らのセンター前ヒットで追加点。さらに3回は先頭の上本がヒットで出塁し盗塁。マートン、ゴメスが倒れるものの、福留がライトオーバーの痛烈なライナーのタイムリーで、着実に点を重ねることができました。福留は、その直前の守備で、清田のフラフラっと上がったライト線の打球をダイビングキャッチ。藤浪を助けました。

今日のタイガースは、全員が躍動してましたね。5回の攻撃ではマートンがヒットで出て、まず完全な暴投で二塁へ。そして、ゴメスの四球のときに、キャッチャーが前に弾くのを見て、一気に三塁へ。凄く積極的な走塁でした。こうなると、チームも乗ってくるよね。
福留の二打席連続のタイムリー。更に今成が繋いで、隼太が猛打賞となる2点タイムリー。タイガース打線らしからぬ(!)、流れるような連打、連打でした。いつもとは言わないまでも、こういう攻撃、もっともっと見せてくれるようになれば、いいんですけどね。

「藤浪、ナイスピッチングも・・・・」
今日は、藤浪のピッチングを見れたのが、2回以降でしたけど、点差云々関係なく、ここ最近のピッチング同様、楽しそうに投げて着々と無失点記録を伸ばしてくれました。
今日、特に良かったなと思ったのは、割とボール先行になって、3-0のカウントになっても、そこからストライクを簡単にとって、三振取ったりしてたところだなぁ。去年まで、というよりシーズン序盤までは、ボールが続くと、そのまま四球を出したりしてましたものね。こういうところが、このところの藤浪の成長を物語っていると思うんですよね。安心して見ていることができます。

連続無失点32イニングで迎えた7回表。先頭の今江に打たれたライト前の当たりを、この回、センターから回ってきていた隼太が捕りきれず後逸、三塁打にしてしまいました。大熊さんは擁護してましたけど、隼太はセンターでも1回やらかしちゃいましたからね。僅差の試合だったら、本当に命取り。まぁ、そういう展開なら、たぶん福留が残っていたんでしょうが、このイニングの守備変更を見たときに、ちょっと嫌な予感がしたのも事実なんだよなぁ。

で、藤浪の記録のためにも、8点リードでも、1点もやらないという緊張の場面。クルーズを三振に取りましたが、根元のセカンドへのボテボテの当たり。前進守備でホームでアウトをとるべく上本がチャージしてきましたが、バウンドが合わずに弾いてしまいました。遂に失点・・・まぁ、仕方ないな。藤浪だったら、記録はまた作れるでしょう。ただ、この場面で、もし記録がかかっていなければ、展開は全然違うものになっていたかもしれません。

藤浪自身、このあと、ちょっと気が抜けたかな。もちろん、疲れも出てきたでしょうが、井口に2点タイムリーを打たれて、さらには鈴木にピッチャー返しの打球でトータル4失点で、遂に降板・・・。最後は残念な形での交代になってしまいましたが、ここまでの展開は、藤浪のピッチングが流れを作ってのこと。今日は反省点も残ってしまいましたが、ナイスピッチングだったと思うし、また次回も期待しましょう。

「風雲急の展開・・・・」
藤浪を継いだのが高宮。4点差の二死1,2塁で、バッターは角中ですよ。ここはきっちりと抑えていきたいところですがボール先行。フルカウントから粘られて、状況は昨日の呉昇桓と同じ雰囲気になって、結局、センター前にタイムリー。これで3点差・・・。
そして、打者一巡して向かえる今江に対して、松田を投入・・・・ちょっと、バタバタしてるなぁと思っていたんですが、ここで、まさかのバックスクリーン同点スリーラン。う〜む。何より、これで藤浪の勝ちが消えてしまった。
さらにクルーズにライト前にヒットを打たれた直後に、隼太にアクシデントがあったのか、俊介と交代。魔が悪いというか、なんというか。だったら、最初から俊介に代えておけば・・・というのは、もちろん結果論なんだけど、何か踏んだり蹴ったりな感じでした。

それでも、何とか同点で、このイニングを凌ぎきって、さぁ、ここからネジを締めなおして・・・って感じにならないのが、タイガースの弱いところなんだよなぁ。もちろん、下位打線なんだけど、何か気圧されているというか、シュンとした気持ちがイニングが変わっても、そのまま引きずっている雰囲気なんですよね。7回ウラ、大谷の前に、今成、俊介、鶴岡があっさりと三者凡退。

「勢いをとめて、攻撃に流れを!」
結局、今日も終盤に1点を争う展開になってきてしまいました。多少、気を緩めてしまったところもあったと思うので、追い上げムードのマリーンズに対して、明らかに勢いが違う流れでした。ポジティブに考えれば、昨日の負けを完全に払拭するために、同じようなシチュエーションで、今度は勝つというのも、勝負の妙かなとも思いましたけどね。
で、そういうこともあって、マリーンズの勢いを止めるために、今日も8回には福原を投入でした。9番に入っていた井口の前にランナーを出さないということが、まずは第一条件と思いましたが、中村をセンターフライ、吉田はピッチャーゴロ。吉田はセーフティバントを狙ってきましたけど、普通に福原へのゴロになって、これは助かりました。最後は井口を高めのボール球で三振。やっぱり、福原はこういう局面でも、落ち着いているわ・・・。

そのウラ、二死から上本に4本目のヒットが出るも、チャンス拡大を狙った盗塁が失敗に終って無得点。同点のまま、試合は9回になって、呉昇桓を投入。マリーンズは1番からということで、昨日のリベンジ、しっかり果たしてもらいたい登板になりました。
先頭の清田にヒットを許し、送りバントで二塁にランナーを置いて、角中との勝負。ここはライトへ打ち上げさせて、ツーアウト。何とか、今日は抑えましたが、この打球が犠牲フライになって、ランナーは三塁へ進んで、バッターは今江。
和田監督がマウンドへ出てきて、これがまた、嫌な予感になっちゃうんだけど、それは別にして、とにかく呉昇桓には、ここをしっかり切り抜けて欲しいと願った打球はレフトへの大きな当たりでした。まぁ、東京ドームだったら、入っていたかもしれないような当たりでしたが、マートンが背走してフェンスにぶつかるように捕球して、何とかピンチ脱出でした。

「試合は延長戦へ!」
9回ウラ、マートンからの攻撃で決めたいところでしたが、西野の前にあっさり三者凡退。福留、交代していたんだった・・・。点差を考えての7回のシフト交代でしたけど、結果的に全てが裏目に出てしまったという試合になってきました。

そして、延長戦。
呉昇桓はイニング跨ぎで10回のマウンド。やや不安がありましたが、一死から代打の福浦にヒットは打たれたものの、中村、吉田を連続三振。この辺りのバッターは問題なしやね。

7回までの乱打戦、一転、終盤のどちらも1点を取られたくない展開で、お互いにピッチャー総動員となりました。ここまでの流れで、勝ちパターンのピッチャーを、ここにきて投入できるマリーンズの方が、どうしても優位な雰囲気だったかなぁ。というより、タイガース打線は、こういう展開になるとパタッと当たりが止まっちゃうし、頼りにしたい福留も引っ込んじゃっている・・・。
それでも、そんなことを言っていても仕方がないという状況。とにかく、まずはランナー出て!っていう心境の応援なんですけどね。1点取れば終わりなんだから。

10回ウラ。カルロス・ロサに対して、先頭の今成が粘りながらも最後は空振り三振。う〜ん、このイニングも下位打線、ツライ展開なのかなぁと思い出したところで、俊介のバットにボールが当たった!
こういうところで俊介はボテボテでも塁に出てくれることが多いのですが、今日は左中間をしっかりと破る二塁打で、一気にサヨナラの機運を高めてくれました。
ただ、そんなチャンスでも簡単に点を取れないのも、タイガースなわけで、1点入るまでは安心できないと、ちょっとネガティブになってきていたのですが、代打の狩野が四球ででて、坂がしぶとく三遊間っを破るヒットで繋いでくれました。坂、昨日もいい仕事しましたが、今日のこの打席は最高のヒットでした。

そして、一死満塁で鳥谷。レフトへの文句なしの犠牲フライ、サヨナラ決めてくれました。やれやれ、何とか、試合はモノにできました。今日のこの展開で、試合を落としていたら、それこそ立ち直れなくなっていたかもしれない。首の皮一枚で踏みとどまることができました。

内容はともかく、今日は勝てたことを喜びましょう!
また、明日ですね。どんな展開でも、頑張って応援していきましょう!

<今日の試合結果>
タイガース 9x-8 マリーンズ(延長10回) (2回戦@甲子園)
(通算26勝28敗 対マリーンズ 1勝1敗 交流戦5勝3敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 22:25 [観衆] 30,778人
[バッテリー]
(Tigers)藤浪(6 2/3)高宮(0/3)松田(1/3)H福原(1)○呉昇桓(2)(2勝1敗14S)-鶴岡
(Marines)イ・デウン(3)香月良(1)益田(1)金森(1)H大谷(2)H西野(1)●カルロス・ロサ(2/3)(1勝2敗)-田村、吉田
[本塁打]
(Tigers)ゴメス5号(2)
(Marines)今江1号(3)
[盗塁]
(Tigers)上本(3回)

最後にきっちり決めた鳥谷!みんなの想いが報われました!

鳥谷敬(阪神タイガース) カレンダー 2015年
株式会社 ハゴロモ
-

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鳥谷敬(阪神タイガース) カレンダー 2015年 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
勝てて良かったよ
 昨日に続いて今日も悪夢を見せられるのかと思いましたよ。ホンマ、勝つことができて良かったです。試合終了後力が抜けて、さよなら勝利でも喜べませんでした。(対ロッテ 2回戦 甲子園 9対8で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/06/03 23:53
喜べないサヨナラ勝ち
延長10回裏、1死満塁から鳥谷の犠牲フライでサヨナラ勝ち。どんな形でも勝てばええねんけど、試合の経過を考えたら素直に喜べんわ。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/06/04 07:16
喜べないサヨナラ勝ち
延長10回裏、1死満塁から鳥谷の犠牲フライでサヨナラ勝ち。どんな形でも勝てばええねんけど、試合の経過を考えたら素直に喜べんわ。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/06/04 07:16
【阪神】連夜の悪夢をサヨナラ勝ちで払拭!
(甲子園) ロッテ000 000 800 0=8 阪 神211 031 000 1X=9 〔延長10回〕 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/06/06 16:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
楽勝ペース一転乱打戦、そして何とかサヨナラ勝利!【○9x-8】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる