りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤浪の粘投でホークスに雪辱!【○5-4】

<<   作成日時 : 2015/06/10 21:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

ヤフオクドーム2試合目は、FOXムービーでのテレビ観戦。解説は若田部さんでした。
2回表一死ランナーなし、今成の打席から。ちょうどテレビをつける前に、福留が先制ホームランを打ったみたいで、1-0のリードの場面でした。

「気になる藤浪のピッチング」
とにかく、今日一番気になっていたのが、藤浪のピッチング。
先週の甲子園で、快調に飛ばしていながらも、無失点記録を狙った前進守備が裏目にでてしまい、そこから立て直すことできずに降板。結局、後続もマリーンズ打線の流れを止められずに一挙に8点差を追いつかれてしまった試合が前回の登板でした。
よくよく思い返してみれば、1点取られたことで記録はストップしましたが、冷静になれば、あれほど連打を浴びることもなかったと思うんですよね。いくらマリーンズ打線が波に乗ったとしても、1点取られたところで切り替えることができていればね。結局、自分の記録のために前進守備をとってくれたチームに対して、1点取られたことで、何とか抑えようとペースを乱してしまった感がありましたね。その辺り、まだまだ若いですよね。
心配だったのが、せっかくいい感じでのピッチングが続いていたところで、あのイニングのピッチングで、掴んでいたものを、また作り直すようなことになっていないかってことだったんですよ。そういう意味で、今日の序盤からの内容を見ていると、杞憂だったようです。ボール先行になっても、きっちりストライクも取りにいけていたし、2回に李、5回に松田とそれぞれ一発を打たれてしまいましたが、ここまでは、内容的にもまずまずだったように思います。

「中盤、踏ん張れるか・・・」
問題は、松田に一発を打たれた直後の福田のファーストゴロの場面。藤浪のカバーが遅れて内野安打になってしまいましたが、この辺りはやや若さが出てしまったところ。このプレーは、一気に流れを変えかねないミスになってしまったと思います。直後に今宮にレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれて、ちょっと嫌な展開になってきてしまいました。
なんとなく、先週の相手打線が止まらなくなる形になりかけましたが、ここは何とか、代打の明石をフルカウントから三振。更には中村晃をファーストライナーで、何とかリードを保って切り抜けることができました。藤浪も、ここでガタガタと行かなかったところは、前回の教訓を活かしてくれたかな。
ただ、ここをしっかり抑えておけば、試合の流れはほぼ掴めただけに、まだまだわからんぞって展開になってしまいました。

「打線は一発攻勢!」
打線の方は、福留の先制ホームランのあと、李のホームランで同点で追いつかれましたが、3回には、一死後に鳥谷の四球から、柴田との間でエンドラン。柴田のバットが折られて内野安打になりましたが、二死2塁になって、まずはマートンが粘って歩いた直後に、ゴメスがフェンス直撃のタイムリー二塁打。高い軌道だっただけに、マートンまで余裕でホームインできる当たりでした。

更には、5回表には先頭の荒木のヒットのあと、鳥谷が完璧な一発!タイガース打線らしからぬ一発攻勢でリードを広げてくれました。直後に藤浪が2点を取られてしまっただけに、この追加点は試合展開の上でも、大きな一発でした。

ただ、2点差に迫られた直後の6回の攻撃でも、先頭の福留の三塁打を下位打線が活かせなかったのは、残念。ここで、1点でも取れていれば、もっと楽な展開になっていたはずなのにね。

「中盤の踏ん張りどころ・・・」
6回表のチャンスを逃した直後の6回ウラに、藤浪が一死から柳田に初めて四球を与えてしまいました。ここまでは、スリーボールになっても、何とか踏ん張ってきたのですが、さすがに疲れてきたか・・・。
内川を初球センターフライに仕留めたあとは、ホームランを打たれた李、松田と続くところで、踏ん張りどころでしたね。李のところで、柳田に盗塁を許して苦しい展開になって、結局、李はストレートで歩かせて、松田との勝負。
ファール2つと、ボール3つのフルカウントから、最後はスライダーで空振りをとってガッツポーズ!こういう場面で踏ん張りきれるところは、さすが只者ではありません!

それでも2点差で終盤勝負。まだまだ気を抜くことができません・・・・。

「もつれる終盤・・・しぶといホークス・・・」
7回の藤浪のピッチング。下位打線相手に危なげなく退けていきたかったところですが、一死から今宮に四球を与えて、9番の細山田は送りバント。とにかく、相手は1点差にすれば・・・という攻撃で、二死2塁にして、トップバッターに回してきました。
その中村晃への初球にワイルドピッチで三塁まで進塁を許した直後に、その中村にセンター前にしぶとくタイムリーを打たれてしまいました。これで1点差・・・。

あとワンアウト。なんとか、切り抜けて欲しいところで、バッター高田にスリーボールで、まさにバテバテ。それでもストライクを2つとって、フルカウントから一球ファールのあとでしたね。いい当たりでしたが、やや詰まった当たりで、打った瞬間にショートライナーかなという打球。まさに鳥谷の正面でした。何とか、切り抜けた〜!!それにしても、やっぱりホークスはしぶとい・・・。

「1点差で終盤の勝ちパターン継投へ!」
今日の藤浪は、ここで交代。攻撃の方は、ホークスの森に完璧に抑え込まれて、防戦一方になってきて、8回からは、当然、福原を投入。相手はクリーンアップで、しかも1点差・・・。
まずは柳田は空振り三振に打ち取りましたが、続く内川には、しぶとくピッチャー返しでセンター前にヒットで出塁されてしまいました。で、李大浩。ちょっとハラハラする場面になって、鶴岡がビッグプレー。内川の代走の川島の盗塁を、ドンピシャでアウト!このあと、李に四球、松田にライト前ヒットとなったわけで、この盗塁刺殺は本当に大きかった。
それでも、二塁ランナーになった李に代走を送って、同点を狙ってきたホークス。何とか福田を抑えてくれ・・・という場面で、さすが福原でしたよね。ショートフライに打ちとって、何とか1点差をキープしてくれました。
攻撃面では、6回から8回まで、三番手の森の前に7連続三振を含む完璧なピッチングをされて、防戦一方になっていただけに、大きな無失点でした。

ただ、9回の攻撃でも、先頭の坂が四球で出塁したものの、荒木のバントがキャッチャーゴロになって、なす術もなく併殺。試合終盤の攻撃に関しては、全くノー雰囲気で、試合の流れ的には、全くあちら側って展開でした。

終盤、全く押されっ放しの試合展開で、もちろん最終回は呉昇桓の登板です。
いきなりスリーボールになったときは、おぃおぃとなりましたが、さすが呉昇桓でした。そこから簡単に追い込んで、最後は空振り三振。結局、三者凡退で簡単に抑えきって、完全に流れを断ち切って終らせてくれました。

さすがにホークス。しぶとかったですが、こういうゲームを勝ち切れたのは大きかったね。藤浪にも勝ちがついて、追い上げられながらも、最後は完全に勝ち切ることができたという試合でした。しんどいゲームでしたけど、終ってみればナイスゲームでした。藤浪にも勝ちがついてよかった!

<今日の試合結果>
ホークス 4-5 タイガース (2回戦@ヤフオクD)
(通算30勝29敗 対ホークス 1勝1敗 交流戦9勝4敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:15 [観衆] 35,002人
[バッテリー]
(Hawks)●中田(5 1/3)(4勝3敗)嘉弥真(0/3)森(2 2/3)二保(1)-高谷、細山田
(Tigers)○藤浪(7)(4勝4敗)H福原(1)S呉昇桓(1)(2勝1敗18S)-鶴岡、藤井
[本塁打]
(Hawks)李大浩16号(1)、松田15号(1)
(Tigers)福留7号(1)、鳥谷3号(2)
[盗塁]
(Hawks)柳田(6回)

終盤は疲れたけど、藤浪ナイスピッチング!よく踏ん張ってくれた!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
負けるときは大差、勝つときは僅差のとらほ〜\(^o^)/など6月10日のセ・パ交流戦
まずは、結局家に帰った時点では既に終わっていたヤフオクドームのナイターの件。 【プロ野球パ】先発・中田が5回1/3を5失点と試合を作れず…ソフトバンクの連勝が6でストップ 2015/06/10 H4-5T 【福岡ソフトバンクホークス 4−5 阪神タイガース】 ssasachan / スーパー… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2015/06/11 06:58
【阪神】ソフトバンクに逃げ切り勝ち!&ヤフオクドームでの連敗ストップ!
(ヤフオクドーム) 阪    神012 020 000=5 ソフトバンク010 020 100=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/06/11 22:57
中盤以降はヒヤヒヤ、辛くも逃げ切り
藤浪が中盤以降苦しみながらも7回を投げ切り、勝ちパターン継投で虎の子の1点を守って勝利。それにしてもヤフオクドームってボールが飛びすぎるんとちゃうか。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/06/11 23:18
中盤以降はヒヤヒヤ、辛くも逃げ切り
藤浪が中盤以降苦しみながらも7回を投げ切り、勝ちパターン継投で虎の子の1点を守って勝利。それにしてもヤフオクドームってボールが飛びすぎるんとちゃうか。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/06/11 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤浪の粘投でホークスに雪辱!【○5-4】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる