りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 執念の延長サヨナラ勝利!【○4x-3】

<<   作成日時 : 2015/09/09 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

残り30試合になったときに、そろそろ正念場だなと思っていたのですが、それがずるずると、残り20試合まできてしまいました。台風がきたので、昨日の試合が中止になり、さらに終盤に連戦が続くことになりましたが、ここまでくれば連戦だろうがなんだろうが、自分たちの力で何とか勝利を積み重ねていかないことには、優勝には辿り着きません。そういう意味では、もう毎日が勝負です。

2連戦となった今回のジャイアンツ戦。とにかく1つ勝つ。特に藤浪が投げる今日の試合はしっかりと勝っていきたいところですね。とは言え、相手はマイコラス。一筋縄にはいきません。

今日はスカイAでのテレビ観戦。解説は掛布さんでした。2回ウラ、先頭の福留の打席から。0-0のスコアレスの状況でした。立ち上がりの試合展開は、藤浪、マイコラスのいつもの流れ。タイガース打線は、福留が粘った以外はあっさりと凡退を重ねてましたね。早いカウントから狙っていっているんでしょうけど・・・。一方の藤浪は、相変わらずの暴れん坊将軍。前回のカープ戦に比べれば、まとまっていましたけど、球数が序盤から多いなぁ。

「マイコラス相手に先制!」
1回、2回と淡々と三者凡退を重ねたタイガース打線。やっぱりマイコラスを打てないんかなぁというところで、3回先頭の隼太が高めのボール球でしたが、スライダーをうまく打って初ヒット。鶴岡が送って、藤浪・・・というより、ベンチは鳥谷期待だったんでしょうが、その藤浪が初球にセーフティの構えを見せるなど、気持ちを出してくれて、さらに三遊間を破るヒットで繋いでくれました。
ここで、一気加勢に・・・とは行きませんでしたが、鳥谷のセカンドゴロ併殺崩れの間に1点を先制。マイコラス相手ですから、とにかく点を取ることが大事で、まずは1点もぎとることができました。

「藤浪・・・もったいない」
3回表の藤浪のピッチングが、1、2回と比べてリズムに乗っていたので、1点リードでいい流れに持っていきたかったし、それができれば、主導権を握ることができたんでしょうけどね。

まずは先頭の阿部の二塁打が痛かった。低い弾道でホームランにならなくて良かったという当たり。それでも点を取ったあとの先頭バッター。もう少し、慎重にいって欲しかったな。
それでも、長野の送りバントから、亀井を三振。村田を歩かせて、小林勝負は、掛布さんも言っていましたが正解。そして、結果も内角のどん詰まりのピッチャーゴロで無失点・・・のはずだったんですが、藤浪の送球が高く浮いてしまって、ゴメスがジャンプしても捕れないエラーで、やらずもがなの同点。

小林の打球がピッチャーゴロになったときに、ちょっとイヤな感じもしたんですよね。長野のバント、亀井のピッチャーゴロ。いずれも一塁への送球が下からのトス。この2つの打球は距離的には問題ありませんでしたが、小林の打球は三塁寄りでしっかり投げなければいけない距離。これでチェンジという気持ちも入ったかもしれませんが、どうも藤浪は一塁への送球に自信なさげなんですよね。何か、起こるべくして起こった送球ミスだったような気がします。もっと練習せな・・・。

「痛恨の一球・・・」
同点の中盤は、やっぱりランナーを出せないタイガース打線に、ランナーを出しながらも無失点に抑えていく藤浪という、相変わらずの試合展開。
マイコラスがいいと言うよりは打線が全くふがいないのに対して、藤浪も段々良くなってきているとは言え、そんなにスイスイと投げている様子でもなく、やっぱり危なっかしいと思って見ているので、どうしても押され気味、不利な試合展開って感じちゃうんですよね。ドキドキというよりは、ハラハラという表現が正しい流れでした。

100球を越えた7回も、トップからの立岡からの対戦。いきなり初球を打ってくれてショートライナーに打ち取ったのは助かりましたが、片岡には粘られてしまいます。ただ、ここをフルカウントから三振にとってツーアウトにはなったんですけど、ここからがコワいジャイアンツ打線なんだよね。坂本にはフルカウントから変化球を投げきれずに四球で出して、阿部。いきなりスリーボールとなって、かなり追い込まれてから、ストライク2つを取ったんですが、ファール1つを挟んで、さいごはうまくストレートをすくわれてしまいました。甘いボールになってしまいました。坂本の最後のボール同様、投げ切れませんでしたね。

「すかさず同点!」
阿部のツーランで2点ビハインド直後の7回ウラの攻撃は、こちらも福留。阿部の一打で試合が動いたのか、福留がしっかりとセンター返しのヒットで出塁。ここで今の打線においては大きな課題になっているゴメス。
まず、初球のマイコラスの投球がボークになったのは、ゴメスにとってはラッキーでしたね。これで併殺の危険もなくなったので、多少打席でも余裕が出てきたんじゃないでしょうか。まぁ、甘く入ったボールを打ち損じていたときは、あかんかなぁと思いましたが、外角へ誘ったボールがやや真ん中に入ったところを、うまくセカンド頭上へ打ち返しました。まず1点。そして、長野の守備をみて、セカンドへ走った積極走塁も良かった。ゴメス、決して後ろ向きにはなっていませんでしたね。
この好走塁が功を奏して、今成の送りバントから、きっちりと隼太のライト犠牲フライで同点。こういう攻撃が見たかった!藤浪の負けもなくなり、試合は終盤へ・・・・。

「絶好のチャンス、勝ち越しならず・・・・」
8回は福原を投入。このところ失点もしていて、特にナゴドの最後では一死もとれず平田にホームランを浴びてしまって、やや調子が落ちているのかなと思いましたが、やはり、こういう局面になれば、内容も違いますね。下位打線とは言え、亀井、村田と一発のあるコワいバッターをしっかり抑えて、最後は小林をレフトフライで三者凡退。いいリズムを作ってくれました。

8回ウラはその福原に代わっての良太の打席から。ジャイアンツも山口に代わっていましたが、ピッチャー返しの打球がグラブを弾いて坂本の逆を突いて外野まで転がっていきました。良太も好走塁で二塁へ。いい流れになってきました。
鳥谷のバントはあまり転がらず、キャッチャーゴロになって、良太が三塁封殺となってしまいましたが、二三塁間で粘ってくれたおかげで、鳥谷は二塁へ。良太、気持ちが入ってましたね。ナイス走塁でした。
上本がフルカウントからしぶとく三遊間を破って、一死1,3塁でマートン。ここで1点とれば・・・・というところで、一番やってはいけないサード正面への強いゴロを打ってしまいましたね。まさに紙一重なんだけど、ここは併殺で切り抜けられてしまって、勝ち越しならず・・・。

「絶体絶命のピンチ、切り抜ける!」
9回は呉昇桓。先頭の代打・堂上の当たりが高く跳ねたのがアンラッキー。鳥谷がうまく捕球はしましたが、一塁セーフで、代走に鈴木尚が出てきました。
ここで、絶対にやっていはいけないミス・・・。牽制悪送球で、鈴木尚は一気に三塁へ。無死3塁・・・これはちょっと厳しいかなぁというピンチになってしまいました。

でも、今日の呉昇桓は本当に良かった。これぞ、呉昇桓という投球で、立岡を前進守備のショートゴロ。コワい代打の高橋由もどん詰まりのショートフライに打ちとって、あと一人。ストレートで最後まで押して、センターフライで、なんと無失点で切り抜けてくれました。

「ストッパー、互いに譲らず」
9回ウラ、サヨナラを期待しましたが、澤村の前に福留、ゴメス、今成と倒れて、試合は延長戦へ。どちらも譲らない好勝負になってきました。

イニング跨ぎの呉昇桓の10回。このイニングも一死から長野のライト線への打球がスピンがかかって福留がワンクッションで捕れずに二塁打になるという、ここもアンラッキー。それでも、亀井を力で押しこんでマートンへのファールフライ。ちょっとコワいなと思った村田にはセンターへいい当たりでしたが、やや差し込んでいましたかね。しかも、打球の先には大和がいる。しっかりアウトにして、ここも切り抜けました。

そのウラのタイガースは下位打線。その大和からの攻撃でしたが、今日の澤村は、呉昇桓同様、調子良さげ。バッテリーの打順での代打攻勢も実らず、三者凡退。

「そして、サヨナラ勝ちへ!!」
11回表は下位打線に対して、安藤が貫禄のピッチング。福原にしろ、安藤にしろ、やっぱりそれなりの場面での登板では、存在感を示してくれますね。
そして、12回まで縺れればジャイアンツも上位に回ってくるだけに、タイガースとしては11回ウラ、鳥谷からの打順で何とか決めたいところ。

まずは鳥谷が、マシソンからセンター前ヒットで出塁を果たしました。当然、上本は送りバントで、得点圏にランナーを置いて、クリーンアップに全てを託す場面です。
8回に決め切れなかったマートン。ここは気持ちも入っていたと思いますし、集中力も高まってたんじゃないでしょうか。きれいな左中間への「らしい」打球で決めてくれました。

お互いの執念がぶつかったような好ゲームでしたけど、こういう試合に勝ちきれたのは大きいですね。残り試合も気持ちを込めて戦っていきましょう!

<今日の試合結果>
タイガース 4x-3 ジャイアンツ (延長11回)(21回戦@甲子園)
(通算65勝58敗1分 対ジャイアンツ8勝13敗)
[試合開始] 18:01 [試合終了] 21:41 [観衆] 42,278人
[バッテリー]
(Tigers)藤浪(7)H福原(1)H呉昇桓(2)○安藤(1)(5勝3敗)-鶴岡、藤井
(Giants)マイコラス(7)H山口(1)H澤村(2)●マシソン(1/3)(3勝8敗2S)-小林
[本塁打]
(Giants)阿部14号(2)
[盗塁]
(Giants)片岡(5回)

最後はきっちり決めてくれました!マートン、ナイスヒット!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メッチャイイ! スゴイ! メチャタノシイ!
 チョットミズ、チョットコーラ、チョット……、ワカリマセン。イマ6ネンメネ。3ツ2バン。ユウショーナシ。ガンバリマショウ! (対巨人 21回戦 甲子園 4対3で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/09/10 00:28
甲子園は延長サヨナラで決着【阪神4x−3巨人】
【最初におことわり:9月4日のエントリーからタイトルの長さを「人が一度に知覚できる」らしい「13文字以内」におさめることにこだわっていますが、今回は「【阪神4x−3巨人】」の分だけオーバーしてますことをご了解ください。字数を考慮しないとタイトルは「甲子園伝… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2015/09/10 10:13
【阪神】巨人にサヨナラ勝ち!
(甲子園) 巨 人000 100 200 00=3 阪 神001 000 200 01X=4 〔延長11回〕 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/09/10 11:49
勝利への執念でサヨナラ勝ち
多くの困難がありながらもなんとか追いつき,踏ん張り、そしてサヨナラ勝ち。シーズンが終わってから「あれが今シーズンのターニングポイント」と言われるかもしれんなあ。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/09/10 18:40
勝利への執念でサヨナラ勝ち
多くの困難がありながらもなんとか追いつき,踏ん張り、そしてサヨナラ勝ち。シーズンが終わってから「あれが今シーズンのターニングポイント」と言われるかもしれんなあ。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/09/10 18:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
執念の延長サヨナラ勝利!【○4x-3】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる