りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2016観戦記-1】vs.マリーンズ オープン戦@甲子園【2016初観戦!】

<<   作成日時 : 2016/03/05 23:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

沖縄から帰ってきて1ケ月。いよいよオープン戦も本格化して、開幕までもあとわずか・・・。
今年も、甲子園でのジャイアンツとのオープン戦とのセットで、週末の2試合を観にやってきました。今年の土曜の試合の対戦相手はマリーンズ。このマッチアップは初めてかな?

朝、新幹線で西に向かい、10時半頃に甲子園に到着。今年初の甲子園です。
毎年のことですが、甲子園でのオープン戦はジャイアンツ戦以外は、全席自由席で、かつファンクラブ割引で半額。せっかくなので、今回も中央特別自由席というバックネット裏へ。甲子園についたときは、すでにチケット売り場も長蛇の列で、入場の列に並んだときには、すでにアイビーの入口まで列が伸びていましたが、入ってみると、意外と席も選び放題・・・。

画像


さすがに最前列というわけにはいきませんでしたが、前の方のTOSHIBAシートで席を物色。やや三塁側でしたが、ちょうど一塁ベンチが覗けるくらいの好位置をキープ。
マリーンズのバッティング練習中の、タイガースベンチの動きなんかも見れて、なかなかのグッドチョイスでした。グラウンドの方もバッターボックスと一塁が直線上で臨めて、非常に見やすい席でした。

今日は今年初めての甲子園ということもあるんでしょうが、タイガースのオーダーも主力投入で、クリーンアップは鳥谷、ゴメス、福留。ただ、2番DHに板山、レフト、センターに高山、横田。キャッチャーは岡崎と、セカンド西岡、サード今成を含めて、競争の渦中にいるメンバー。打順とシフトということでは、今日のオーダーが基本線なのかなぁと思いますが、そこに名を連ねるメンバーとしては、まだ決定というわけにはいきませんね。今日はこの辺りのメンバーのアピール度も注目でした。

画像


先発は能見さん。福岡での岩田、メッセに続きということで、先発陣は順調に調整が進んでいるようです。
今日の能見さんは、キャンプ中からずっとコメントしているように、ストレートに拘って力で押しているように見えました。そういう意味では、まだ調整段階で、ボールは荒れ気味でしたね。思うようにストライクが取れないケースもありましたが、それでも安心して見ていられるのは、能見さんであるが故・・・。ランナーは出すものの、ピンチらしいピンチもなく、きっちり4回無失点でまとめるところはさすがです。

画像


一方の野手陣の主力どころは、まだまだこれからという感じでしょうか。
クリーンアップの3人は、前半の2打席。マリーンズの大嶺の調子も良かったようでしたが、3人で6打数1安打3三振。まぁ、こちらは、まだまだ、ここからという感じで全く心配はしていませんが、そんな中でも、ゴメスの2打席目の三塁線を破る二塁打は、ゴメスらしい強烈な打球でした。今年のゴメス、来日以来のベストパフォーマンスを期待したいですね。


画像


試合が動いたのは、能見さんを継いで、ルーキーの青柳がマウンドに上がった5回から。
今日は高山にしろ、板山にしろ、そして、この青柳にしろ、個人的には初めての「ナマ」ルーキー。特に青柳は、テレビ画面でも、じっくりと見たことがなかったので、非常に楽しみにしていたのですが・・・・。

いきなりの一軍初登板で、テンパっちゃいましたかね。思うようにストライクが取れなかったことで、さらに拍車をかけてしまったか、2者連続のストレート四球から、3人目にもボール先行。際どいコースをストライクコールしてくれなかったというわけではなく、明らかにボール球でしたからね。結局、3人目にも四球で、無死満塁。
まぁ、ここから犠牲フライとタイムリーで失点するわけですが、よく2点で収まったなぁという感じ。ただ、1つストライクが取れれば、1つアウトを取れれば、落ち着いて本来のピッチングをしてくれるんじゃないかというくらいの、テンパリ具合でしたから、2イニング目の三者凡退の内容(三振、二ゴロ、三振)こそが、青柳を評価する上ではベースになってくるんじゃないでしょうか。今日はいい勉強できたんじゃないかな。次回のチャンスに期待します。

画像


失点直後にタイガースも大嶺から反撃。
先頭の高山のクリーンヒットからの攻撃でしたね。横田のセカンドゴロで、高山は封殺されましたが、横田が残りました。横田が見た目と違って、足が速いんだよなぁ。
その横田が盗塁を決めたあと、岡崎の三遊間の当たりを、ショートが弾く間に、横田がホームイン。岡崎の打球も、記録はエラーでしたけど、いいバッティングでしたね。岡崎は1打席目もチーム初ヒットとなるライトへのヒット。今日は代わった小宮山もヒットを打ってアピールしましたが、守備面も含めてのアピール度としては、今のところ岡崎が頭一つ抜けてきているかなぁという感じがします。残り少ないオープン戦での、アピール合戦、まだまだ楽しみは続きます。

画像


アピールと言えば、今日も北條が打ちましたね。昨日の福岡からゾーンに入ってきているのかもしれません。
まずは6回ウラの初打席では一死ランナーなしからのレフト前ヒット。さらには、8回、小宮山、良太のヒットで作った一死1,3塁のチャンスに同点タイムリー。アピール、続いてます。この調子を、ある程度、持続していければ、開幕一軍の期待も膨らんできますね。大きなチャンスですから、ぜひ掴んで欲しいし、このあとのオープン戦の注目ポイントとして、俄然、期待も高まってきました。

画像


もう一人、アピールしてくれたのが、緒方でしょうか。
9回表、高橋登板できっちり同点に抑えて・・・というシチュエーションから、先頭の細谷のフライをファーストの原口が落球してしまったところから、あれよあれよで2失点。さらに続いた一死満塁での鈴木のライトフライからのタッチアップを、完璧余裕のホーム刺殺。完全に犠牲フライかなと思ったので、あまりにも完全なアウトでコリジョンルールも逃げ出すくらいの、好返球でした。
さらには、直後の最後の攻撃の先頭バッターとして打席に立って、ライト前へのクリーンヒット。いい感じでアピール続けてますね。


<今日の試合の観戦記録>
2016. 3. 5 阪神タイガースvs千葉ロッテマリーンズ オープン戦
阪神甲子園球場 13:00〜16:07 天候:晴れ
主審 吉本 塁審(1)須山 (2)今岡 (3)丹波 
観衆 14,554人 中央特別自由席(TOSHIBAシートM段101)で観戦

画像


●阪神タイガース 2-4 千葉ロッテマリーンズ

[バッテリー]
(Tigers)能見(4)青柳(2)高宮(1)金田(1)●高橋(1)(1敗)-岡崎、小宮山
(Marines)大嶺祐(5)スタンリッジ(2)○大谷(1)(1勝)S内(1)(1S)-吉田
[盗塁]
(Tigers)横田(5回)、北條(6回)
(Marines)中村(9回)

おまけ・・・。

画像


今日はマリーンズの二番手で、スタンが登板。今年もしっかりと日本で活躍してくれそうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
等々力の点取合戦はじめ、3/5のJ1 1st第2節とNPBオープン戦の件
まずは、昨日等々力で行われた(2016「SKYシリーズ」)川崎フロンターレ対湘南ベルマーレ戦の件。 川崎フロンターレが前半13分に大久保嘉人の(ゴンの)J1最多記録に並ぶ通算157ゴールで先制するも、20分に湘南が同点に追い付く。(当初はキリノのゴール。後にオウンゴー… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2016/03/07 11:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2016観戦記-1】vs.マリーンズ オープン戦@甲子園【2016初観戦!】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる