りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2016観戦記-16】vs.カープ WL10回戦@甲子園【△9-9】

<<   作成日時 : 2016/05/05 23:53   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

甲子園でのファーム戦3試合目。今日も参戦しました。
ちょっとだけ、また早く出発して、今日は10時半前に到着。入場券売り場の列は昨日よりも長くはなかったのですが、高架下を余裕で越える長さ。発売&開門が10時半だったので、結局、入場まで40分・・・・一昨日、昨日と一緒でしたね。
結局、今日も10,000人越え!掛布監督も目標をしっかりクリアできました。

画像

昨日入場したときに、カープがバッティング練習をしていなくて、あれっ?と思ったんですよね。一昨日は、やってたので。一軍では、ある程度ルーチンが決まっているんですが、二軍はそうでもないのかなと思ったのですが、今日は一昨日同様、バッティング練習してましたね。
気になっていたのは、それだけじゃなくて、昨日は試合前のシートノックをカープからやっていて、普通、後攻のホームからやると思っていたので、ちょっと違和感があったので、気にして見ていたんですよね。今日もカープから始めてました。その辺りのルーチンも違うんですね。
タイガースのシートノック。平野コーチがノッカーやってましたけど、ノックは右で打ってるんだなぁ。なんてことに気がついたりして・・・いろいろと気になってしまいました。

画像

今日の試合、先発バッテリーが岩田-鶴岡だったので、岩田のピッチングに大注目だったのですが・・・う〜ん、ますます闇に落ち込んでしまってるんじゃないかというくらい、ダメダメでしたね。
初回、先頭の野間にいきなり右中間を破る三塁打を打たれたのを皮切りに打者一巡の4失点。岩田の場合、ゴロをどれくらい打たせられるかというところに、いつも注目しているのですが、全くゴロなし。ファールで数本あったくらいかな?ヒットは完璧に外野に打ち返されていたし、まともに取れたアウトはバティスタの三振だけでした。ツーアウト目は外野に余裕で飛ばされた犠牲フライ、最後のアウトもいい当たりのセンターフライでした。
2回は、やっとゴロアウトが取れたと思ったら、今度は守備陣が乱れて1失点。ここは上本ですかねぇ。完璧なエラーに、最後はサードゴロ併殺完成と思ったら、何故かファーストランナーが二塁に残って、その間に1点・・・。
3回、ようやく無失点に切り抜けましたが、二死から連打でピンチを作っちゃうし、ちょっと、このままでは厳しいなぁという結果で、マウンドを降りることになってしまいました。

画像

正直なところ、岩田がグダグダにしてしまった試合になってしまったのですが、これが逆にカープにも伝染しちゃうところは、二軍の試合なんかなぁ。
3回ウラ、先頭の鶴岡のヒットから、俊介もヒットで続きますが、レフトのバティスタが打球を弾く間に、すかさず二人とも進塁して、無死2,3塁。このあと、緒方の痛烈な打球も、ショートの守備範囲だったんですが、見事に後ろにそらすエラーで一気に2点を返しました。試合としては、これで面白くなってきたなぁと思ったのですが、盛り上がったところで、緒方がけん制でアウトになってガックリ。グダグダな試合の流れはまだ終りませんでした。

4回から投げた金田もなぁ・・・。直接エラーに記録されることはありませんでしたが、ヘイグへの強襲ヒットがタイムリーになったり、中谷がトリックプレーを見せて、ライトゴロになりそうな打球で、セカンドへの送球を弾いてみたり。これ、完全にアウトのタイミングだったんですけどねぇ。
極めつけが、振り逃げで1点、暴投で1点。結局、4失点で、この時点で2-9の7点ビハインド。正直、ここまではプロの試合とは思えない展開でした。

画像

試合がちょっと引き締まるキッカケになったのは、やっぱり4回ウラの攻撃からかな。このイニングの対アースの攻撃は、これまでの締まりのない流れ、7点差という状況と思えないくらい、いい攻撃でした。
一死からの梅ちゃんのヒットが起点。森越三振でツーアウトになったときは、このイニングも何もないかなと思いましたが、鶴岡がヒットで続いたところから、カープの先発の塹江もおかしくなって、俊介、緒方に連続四球で、まず押し出しで1点。
ここで、2打席連続で見送り三振に終っていた荒木が決していい当たりではなかったのですが、ショートへの内野安打でさらに1点。ここできっちりクリーンアップのヘイグ、上本が完璧なヒットで続いて、このイニング、5点をとって、遂に2点差!まだ試合は前半ということもあって、全くわからなくなってきました。

画像

とは言え、流れ的には、また失点してもおかしくないところ。岩田、金田と、ちょっと締まりのないピッチングが続いていただけに、このあとのピッチャーがどう抑えていくかというところ。
まずは青柳が締めてくれましたね。ランナーは出しましたが、2イニングを無失点。ようやく落ち着いて守備が見れるピッチングをしてくれたと思いました。逆に試合の方も落ち着いて、カープの守備も締まってきてしまいましたけどね。
青柳のあと、鶴、二神、筒井と最終回まで無失点。鶴が二者連続三振のあと、ヒットでランナーを許して、さらに暴投で若干バタついた場面がありましたが、二神、筒井は三者凡退。

画像

試合が落ち着いてきた中で、8回ウラの二死1塁からの俊介のサードゴロの二塁送球をセカンドの庄司が捕球できずに生き残ったあと、緒方、荒木が連続タイムリーを打って、遂に同点!いやぁ、まさか同点に追いつくとは・・・。
あとはサヨナラだけという9回の攻撃も惜しかったですね。いきなり先頭の上本の打球がサードの美間のエラーになって、さらに中谷が粘って四球で出塁。次は指名打者の梅ちゃん。今日はかなりバットが振れていて、サヨナラの可能性は高いなと思ったのですが・・・アンラッキーにも鋭い打球がファーストライナーになって、一塁ランナー戻れず。
それでも、二死2塁から坂が粘って四球を選んで、続くバッターは清水。この場面で打ってくれたんですけどねぇ。ライト前ヒット、上本が三塁を回ってホームに向かいましたが、ちょっと強引だったかなぁ。本塁タッチアウトで、あと一歩でサヨナラならず。
それでも、序盤のグダグダな展開から、最後は面白い試合にしてくれました。

<今日の試合の観戦記録>
2016. 5. 5 阪神タイガース vs. 広島東洋カープ WL10回戦
阪神甲子園球場 12:30〜16:27 天候:晴れ
主審 柳内 塁審(1)須山 (2)今岡 (3)梅木
観衆 10,721人 自由席(アイビーシート24段110番)で観戦

画像

△阪神タイガース 9-9 広島東洋カープ

[バッテリー]
(Tigers)岩田(3)金田(1)青柳(2)鶴(1)二神(1)筒井(1)−鶴岡、清水
(Carp)塹江(5)佐藤(1)西原(1)岡田(1)オスカル(1)−船越
[盗塁]
(Carp)庄司(2回)

画像

最後は、勝ち試合ではありませんでしたが、掛布監督以下、全員が出てきて挨拶してくれました。
この3日間、本当に楽しかったし、最後の最後まで盛り上がりました。二軍調整中の選手も多かったけど、シーズンはまだまだこれからですからね。今回、見た選手たちも必ず一軍の試合で見ることができるでしょう。頑張って欲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2016観戦記-16】vs.カープ WL10回戦@甲子園【△9-9】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる